Glacierの取り出し中に復元速度を変更できるようになりました #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Amazon Glacierに保存されたデータには、リアルタイムでアクセスできません。復元をリクエストしてから、リクエストで指定した期間中にオブジェクトの一時コピーが利用できるようになるまで待ちます。 復元のオプションとして3つあり、使用可能になるまでの時間と価格が異なります。

  • 一括取得:通常は5~12時間以内に使用可能になります
  • 標準取り出し: 通常は 3~5 時間以内に使用可能になります
  • 迅速取り出し: 250MB以下の取り出しの場合、通常は1~5分以に使用可能になります

今回のアップデートで、データの復元中により早いオプションに変更できるようになりました!

Glacierにデータを保存する

検証のためにGlacierにデータを保存します。 S3コンソールを使うとファイルのアップロード時に、ストレージクラスを選択できます。 Glacierを選択し、アップロードします。

ストレージクラスがGlacierと表示されれば、問題ありません。

Glacierからデータを復元する

Glacierに保存されたファイルはそのままではダウンロードできません。 ダウンロードボタンが非アクティブになっています。

復元をリクエストします。 ファイルを選択し、アクションから復元します。

一番時間はかかるが、コストの安い一括取得でリクエストしてみました。 コピーを利用可能な日数は1日にしました。

復元が進行中になります。

復元中にオプションを変更する

このまま5~12時間待っても良いのですが、オプションを変更してみます。 ファイルを選択し、アクションからGlacierの復元を選びます。

迅速取り出しにアップグレードします。

1分ほどでダウンロードボタンがアクティブになり、ダウンロードが可能になりました! また復元の有効期限が表示されます。期限までにダウンロードします。

おわりに

Glacierに保存されたデータの復元中により早いオプションに変更できるようになりました。 遅いオプションへの変更は出来ません。 復元をリクエストしたあとで、より早く復元したくなった場合などに使えると思います。

参考