Windowsにリモートサーバー管理ツールをインストールする方法

Windowsにリモートサーバー管理ツールをインストールする方法

おはようございます、加藤です。今日はWindows クライアント・サーバーにリモートサーバ管理ツール(RemoteSever Administration Tools)をインストールする方法をご紹介します。

名前が長いので以降はRSATと呼称します。

RSATって何?

RSATはGUI・CLIでWindows Serverの管理ツールを役割・機能がインストールされたサーバ以外から管理可能にするツールです。

  • RSAT無し
    • 端末に直接ログイン
    • Active Directory環境でドメインユーザを追加する場合、操作端末からRDPでドメインコントローラに接続し管理ツールを操作してユーザ追加
  • RSAT有り
    • ドメイン環境の操作端末で管理ツールを操作してユーザ追加

AWSでRSATが活きる場面

Directory ServiceでMicrosoft AD/Simple ADを使っている場合、マネージドサービスなので直接操作やRDPすることができません。

まさに、RDPの活きる場面です。

RSAT(AD)のインストール方法

ADのRSATをインストールして、操作できるようにします。

EC2のドメイン参加

ドメイン参加したインスタンスが必要です。今回は下記のブログを参考に構築時に自動で参加させました。

「インスタンス結合ディレクトリ」ってなに?EC2のLaunch時にドメイン結合ディレクトリを使ってみた

もちろん、通常どおりシステム画面からのドメイン参加でもOKです。VPN・Direct Connectなオンプレミスサーバ・クライアントから操作したい場合はそうしましょう。

RSATのインストール

管理者権限でPowerShellを実行して以下のコマンドを実行します。

Install-WindowsFeature RSAT-AD-Tools -IncludeAllSubFeature #RSAT AD管理ツール
Install-WindowsFeature GPMC #グループポリシー管理コンソール

クライアント機の場合

Windows10などのクライアント機の場合は下記URLからインストーラをダウンロードしインストールします。

AD管理ツールがインストールされていれば完了です。

あとがき

インストールするときにGUIポチポチだと面倒なので、PowerShellでまとめてみました。

本文では触れていませんでしたが、WindowsにはAD操作する為に十分な権限を持ったドメインユーザでログインしている必要があります。

近々、5周連続で会社説明会をやります。ぜひぜひご参加ください!!

[5週連続][東京/大阪/札幌/福岡][AWS事業本部採用説明会] 夏だ!転職だ!激速で駆け上がるスペシャリストへの道 #AWS #エンジニア #プロマネ #営業職 #採用