LightSailの中身を見てみた。

eyecatch_lightsail

こんにちは、東京研修5日目の岩本です。 うさぎロスです、わさびちゃんに会いたいです。もふもふ。

IMG_2443

さて、先日リリースされたLightSail(Wordpress)インスタンス内にインストールされている 各ミドルウェアについて確認してみました。LightSailについての、他の記事はこちらをごらんください。

インスタンスへの接続

LightSailで立ち上がったインスタンスへは、SSHでの接続が可能です。 自動で生成されるSSH-Keyか自分で登録したSSH-KeyにてSSHクライアントにて行うか、ブラウザより接続が可能です。

Lightsail

EC2インスタンスと同じように[sudo]コマンドが有効でした。

OS

OSは[Ubuntu14.04.5]がインストールされています。

# cat /etc/issue
Ubuntu 14.04.5 LTS \n \l

インスタンスの紹介にある通り、

Marketplaceで公開されているWordPress powered by Bitnamiに準じた構成となっているようですが、Marketplaceでの表記より若干新しいバージョンでした。

APACHE

インストールされているApacheのバージョンは[2.4.23] でした。

# httpd -v
Server version: Apache/2.4.23 (Unix)
Server built:  Oct 17 2016 11:05:30

Apacheには、各種の設定がされていますが、

標準的なセキュリティ対策としての設定も実施済みとなっていました。

# Security
ServerSignature Off
ServerTokens Prod
TraceEnable Off

他にも[mod_pagespeed.so]がインストール済みとなっていました。

mod_pagespeed.soは、ページのロード時間を最適化するためのApacheのモジュールです。

LoadModule pagespeed_module /opt/bitnami/apache2/modules/mod_pagespeed.so

PHP

PHPのバージョンは[7.0.12]となっています。

# php -v
PHP 7.0.12 (cli) (built: Oct 17 2016 11:16:31) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.12, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

標準でインストールされるモジュールは下記の通りです。

WordPressの動作条件を満たす構成となっている他、一般的に利用するようなモジュールや、

[Zend OPcache]もインストールされており、パフォーマンスも最適化されています。

# php -m
<pre>[PHP Modules]
bcmath
bz2
calendar
Core
ctype
curl
date
dom
exif
fileinfo
filter
ftp
gd
gettext
gmp
hash
iconv
imap
intl
json
ldap
libxml
mbstring
mcrypt
mysqli
mysqlnd
openssl
pcntl
pcre
PDO
pdo_mysql
pdo_sqlite
Phar
posix
readline
Reflection
session
SimpleXML
soap
sockets
SPL
sqlite3
standard
tidy
tokenizer
xml
xmlreader
xmlrpc
xmlwriter
xsl
Zend OPcache
zip
zlib

[Zend Modules]
Zend OPcache

その他、["php.ini"] は下記に配置されていました。

Loaded Configuration File => /opt/bitnami/php/etc/php.ini

[expose_php]がONのままなのは、じゃっかん残念な感じです。

expose_php => On => On

その他、注意点として、OS及びPHPのタイムゾーンが[UTC]となっています。日本向けに利用する際は注意をしましょう。

# timedatectl
Local time: Mon 2016-12-05 08:47:56 UTC
Universal time: Mon 2016-12-05 08:47:56 UTC
RTC time: Mon 2016-12-05 08:47:56
Timezone: Etc/UTC (UTC, +0000)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a
date.timezone => America/Los_Angeles => America/Los_Angeles

MYSQL

最後に、MySQLのバージョンは[5.7.16]でした。

# mysql --version
/opt/bitnami/mysql/bin/mysql.bin Ver 14.14 Distrib 5.7.16, for linux-glibc2.5 (x86_64) using EditLine wrapper

まとめ

上記の通り、すでに設定済みの最新のOS・ミドルウェア環境が安い価格で利用できます。 また、従来ではある程度の慣れが必要であったEC2に比べ、大変簡単に構築・管理も行えるようになっています。

小規模なサイトなどを手軽に始める場合や、開発環境などに最適ではないでしょうか。ぜひご利用して見てください。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡