[速報] マシンラーニングを使ったエンタープライズのための検索サービス「Kendra」が発表されました #reinvent

現地時間12/03(火)、AWS re:Invent 2019 Keynoteにてエンタープライズのための検索サービス「Kendra」が発表されました。

Kendraとは

Kendraは、マシンラーニングを使ったエンタープライズのための検索サービスです。現在はプレビュー状態になります。

ざっくりいうと

  • 社内に散らばったデーターをKendraで統合し共通のインタフェースを使って検索できる
  • 検索結果に対するユーザーからのリアクションを元に、検索機能が最適化される(バックエンドでマシンラーニングが実行される)

というサービスになります。

統合できるデーターソース

  • Box
  • Jira
  • DropBox
  • Confluence
  • DropBox
  • SalesForce
  • SharePoint Online
  • JDBC
  • S3

など様々なデータソースを統合することができます。 プレビューではSharePoint Online、JDBC、S3のコネクタのみが提供されます。

簡単に利用できる

3つのステップで簡単に利用することができます。

Step1 : インデックスの作成

簡単なFAQをしてインデックスを作成します。

Step2 : データソースを追加

ファイルシステム、Webサイト、Box、DropBox、Salesforce、SharePoint、リレーショナルデータベース、Amazon S3などの一般的なソースをKendraに追加します。

ステップ3:テストと展開

コンソールで簡単なテストをした後、新規または既存のアプリケーションにデプロイします。

この3ステップのみで、賢い検索機能を得ることができます。

さいごに

面白そうなサービスが出てきました。散らばったデータソースを賢く検索できるというのは非常に便利だと思います。正式リリースが待ち遠しい!!早く使いたい!!