Amazon LightsailのDNS機能を使ってみた #reinvent

eyecatch_lightsail

はじめに

AWS re:Invent 2016で発表されたAmazon Lightsailには権威DNSサーバ機能があります。
機能を利用するにはドメインを所有している必要があります。
Route53に登録したドメインのサブドメインをLightsailに移管してみました。

DNSエントリの作成

Lightsailのホームページから、Create other resources > DNS zoneを選択します。

1

登録済みのドメインを入力します。
Route53で登録済みのドメインを入力しました。

2

DNSレコードの登録

Aレコードを登録します。IPアドレスはリストから選択します。
再起動しても保持されるstatic ipを選択しましょう。
レコードは複数登録できます。また、CNAME、MX、TXTレコードについても登録できます。

3

Route53のネームサーバーを変更する

コンソール下部に、Lightsailが利用するDNSサーバーが表示されます。

4

Route53のHosted ZoneにサブドメインのNSレコードを登録します。
valueに先ほど確認したDNSサーバーを指定します。

5

確認

登録したAレコード(http://www.sub.abek.xxx.xxxx/)にアクセスすると、インスタンスに繋がりました!

6

おわりに

Amazon Lightsailの権威DNSサーバ機能を使ってみました。
Lightsailに一度ドメイン移管してしまえば、インスタンスの作成からDNS設定までLightsailコンソールで完結出来るかと思います。
簡単に利用できるのがLightsailの強みですので、嬉しい機能だと思います。

参考

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡