[新機能] Amazon EC2の汎用インスタンスM5が利用可能になりました #reinvent

アイキャッチ AWS EC2

AWSチームのすずきです。

re:Invent2017開催中の本日、Amazon EC2の新しい汎用インスタンスタイプ「M5」がリリースされました。

早速その起動を試す機会がありましたので、レポートします。

M5インスタンスとは

EC2のインスタンスタイプは用途別に分類されており、今回追加された「M5」は汎用インスタンスの第5世代となります。

2017年11月29日現在、M5インスタンスはバージニア、オレゴン、アイルランドの3リージョンで利用できます。 リザーブドインスタンス、スポットインスタンスも、ともに利用する事が可能です。

「M5」インスタンスのスペック比較

タイプ名 vCPU数 メモリ(GB) ディスク種別 割り当てEBS帯域幅 割り当てネットワーク帯域幅 オンデマンド価格(オレゴンリージョン、1時間 *1)
m5.large 2 8 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.096
m5.xlarge 4 16 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.192
m5.2xlarge 8 32 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.384
m5.4xlarge 16 64 EBS-Only 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.768
m5.12xlarge 48 192 EBS-Only 5000 Mbps 10Gbps $2.304
m5.24xlarge 96 384 EBS-Only 10000 Mbps 25Gbps $4.608
  • 前世代の「M4」では、最大のインスタンスタイプは「m4.16xlarge」でしたが、「M5」では「m5.24xlarge」となりました。
  • CPUコア数は64→96、メモリは256GiB→384GiBと、より大きなリソースを必要とするワークロードでの利用が可能になりました。

インスタンスファミリー毎の比較

  • 現行世代で「large」タイプに該当するインスタンスのスペックを比較しました。
タイプ名 vCPU数 ECU メモリ(GB) ディスク種別 割り当てEBS帯域幅 割り当てネットワーク帯域幅 オンデマンド価格(オレゴンリージョン、1時間)
c5.large 2 8 4 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.085
m5.large 2 10 8 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.096
m4.large 2 6.5 8 EBS-Only Up to 450 Mbps $0.1
r4.large 2 7 15.25 EBS-Only Up to 2120 Mbps Up to 10Gbps $0.133
  • CPUコア数は2コアで共通です。
  • ECU、2007年の Xeon CPUとの相対性能では、「M5」が最も高い値となりました。
  • EBS帯域、ネットワーク帯域は「M5」は「C5」「R4」と同等。バーストによる高い最大性能と、ベースライン性能も「M4」より高い事が期待できます

AWSコンソール

  • オレゴンリージョンでは、「M5」の選択が可能になりました。

確認

以下のAMIで起動したAmazon Linux環境で確認してみました。

  • リージョン : オレゴン(us-west-2)
  • AMI : Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type (ami-bf4193c7)
  • インスタンスタイプ : m5.large

dmesg

$ dmesg | less

[    0.000000] Linux version 4.9.62-21.56.amzn1.x86_64 (mockbuild@gobi-build-64013) (gcc version 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-11) (GCC) ) #1 SMP Thu Nov 16 05:37:08 UTC 2017
[    0.000000] Command line: root=LABEL=/ console=tty1 console=ttyS0 selinux=0 nvme_core.io_timeout=4294967295
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: 'x87 floating point registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: 'SSE registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: 'AVX registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x008: 'MPX bounds registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x010: 'MPX CSR'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x020: 'AVX-512 opmask'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x040: 'AVX-512 Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x080: 'AVX-512 ZMM_Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x200: 'Protection Keys User registers'
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]:  576, xstate_sizes[2]:  256
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[3]:  832, xstate_sizes[3]:   64
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[4]:  896, xstate_sizes[4]:   64
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[5]:  960, xstate_sizes[5]:   64
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[6]: 1024, xstate_sizes[6]:  512
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[7]: 1536, xstate_sizes[7]: 1024
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[9]: 2560, xstate_sizes[9]:    8
[    0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x2ff, context size is 2568 bytes, using 'compacted' format.
[    0.000000] x86/fpu: Using 'eager' FPU context switches.
[    0.000000] e820: BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009fbff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000000009fc00-0x000000000009ffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000f0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x00000000bfff9fff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000bfffa000-0x00000000bfffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000e0000000-0x00000000e03fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fffc0000-0x00000000ffffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000100000000-0x000000022d3fffff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000022d400000-0x000000023fffffff] reserved
[    0.000000] NX (Execute Disable) protection: active
[    0.000000] SMBIOS 2.7 present.
[    0.000000] DMI: Amazon EC2 m5.large/, BIOS 1.0 10/16/2017
[    0.000000] Hypervisor detected: KVM

OSが認識するハイパーバイザーとしては、「C5」インスタンスと同じ、KVMベースである模様です。

CPU

  • 「/proc/cpuinfo」の内容を確認しました。
$ cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 85
model name	: Intel(R) Xeon(R) Platinum 8175M CPU @ 2.50GHz
stepping	: 4
microcode	: 0x2000036
cpu MHz		: 2500.000
cache size	: 33792 KB
physical id	: 0
siblings	: 2
core id		: 0
cpu cores	: 1
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch fsgsbase tsc_adjust bmi1 hle avx2 smep bmi2 erms invpcid rtm mpx avx512f avx512dq rdseed adx smap clflushopt clwb avx512cd avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves ida arat pku ospke
bugs		:
bogomips	: 5000.00
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor	: 1
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 85
model name	: Intel(R) Xeon(R) Platinum 8175M CPU @ 2.50GHz
stepping	: 4
microcode	: 0x2000036
cpu MHz		: 2500.000
cache size	: 33792 KB
physical id	: 0
siblings	: 2
core id		: 0
cpu cores	: 1
apicid		: 1
initial apicid	: 1
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch fsgsbase tsc_adjust bmi1 hle avx2 smep bmi2 erms invpcid rtm mpx avx512f avx512dq rdseed adx smap clflushopt clwb avx512cd avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves ida arat pku ospke
bugs		:
bogomips	: 5000.00
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

CPUのモデル名はXeon Platinum 8175M。 Intelの公式ページなどには掲載の無い型番でしたが、「C5」インスタンス(Xeon Platinum 8124M)と同様、Amazon特注モデルの模様です。

EBS(NVMe)

「M5」でもEBSのインターフェースとしてNVMe、SSDに最適化された規格が利用可能になりました。

$ sudo yum install -y nvme-cli
  : 
$ sudo nvme list
Node             SN                   Model                                    Version  Namespace Usage                      Format           FW Rev
---------------- -------------------- ---------------------------------------- -------- --------- -------------------------- ---------------- --------
/dev/nvme0n1     vol0e8fbd5ee78f7ec12 Amazon Elastic Block Store               1.0      1           0.00   B /   8.59  GB    512   B +  0 B   1.0

尚、NVMeの利用にはOSドライバーの更新が必要となる場合があります。 また、公式ブログの末尾の案内になる通りHDDベースのEBS(st1、sc1)では充分な性能が出ないなどの現象も報告されているので、 ご注意ください。

まとめ

新しくリリースされた「M5」オンデマンド価格設定は「M4」と比較して若干廉価に設定されており、 高性能なCPU、IO、ネットワークをコストパフォマンス良く利用できる事が期待できます。

古いAMI、OSを必須とする場合には注意が必要と思われますが、東京リージョンでの提供開始を心待ちにしたいと思います。

脚注

  1. 課金は秒単位です