[速報] AWS Transit Gateway Network Managerがしれっと発表されました #reinvent

はじめに

現在、アメリカラスベガスで開催されているAWS re:Invent2019で、Andy Jessy氏のKeynoteが行われております。

このkeynoteの中で、いくつかネットワークの新サービスが発表されているのですが、その中で AWS Transit Gatewayのマネージメントを行うことができるManagerが発表されました。

AWS Transit Gatewayとは

Amazon VPC (Virtual Private Cloud)とオンプレミスを単一のゲートウェイで接続できるようにするサービスです。

弊社の記事の中では、こちらの Developers.IO 2019での発表が完全理解できるものになっています。

VPNからつないでみたブログは、こちらがおすすめです。

コンソールはこちら

AWS Transit Gateway Network Manager

AWS Transit Gatewayで作成した環境を、視覚化および監視できるようにしたものが、 AWS Transit Gateway Network Managerです。

ネットワークマネージャーは以下の要素から構成されます。

  • グローバルネットワーク ネットワークオブジェクトの高レベルコンテナとして機能する単一のプライベートネットワーク。
  • デバイス IPsecトンネル(VPN接続)を介してTransit Gatewayに接続する物理デバイス、もしくは仮想デバイス。
  • リンク siteからの単一ネットワーク接続
  • サイト 物理的なオンプレミス環境の場所。支店やオフィス、店舗やデータセンターなど。

 

さいごに

 

今回は速報的にAWS Transit Gateway Network Manager を取り上げましたが、視覚化、監視方法などを当ブログで取り上げていきたいと思いますので、AWS Transit Gatewayをよろしくおねがいします。

参考リンク

Transit Gateway Network Manager