【速報】機械学習のネクストジェネレーション!新サービス「Amazon SageMaker」が発表されました!! #reinvent

111件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

これはヤバいです。

新サービスAmazon SageMakerが発表されました!

AWS SageMakerとは

機械学習はとにかく複雑で大変でした。専門家が必要なのはもちろん、学習モデルの開発にはコストがかかりますし、教師付き学習データの作成とトレーニングによる調整を常に行う必要があります。

それらを解決するためにリリースされたのがAmazon SageMakerです。Amazon SageMakerは、機械学習モデルを早く簡単に構築、トレーニング、ホストするためのフルマネージドな機械学習サービスです。

構築フェーズでは教師付き学習データおよび教師なし学習データのためのアルゴリズムが多数用意されていますし、フレームワークとしてTensorFlowとApache MXNetが最初から使えるように設定されています。更にDockerコンテナを使用して独自にトレーニングデータを作成することも可能。ワンクリックでトレーニングデータを作成し実行がすることが出来ます。機械学習モデルをコピーして、並列処理でパラメータ実行させることも可能。

Amazon S3に保存されたトレーニングデータを視覚化することもできます。S3に直接接続することも、AWS Glueを使ってAmazon RDS、Amazon DynamoDB、Amazon RedshiftからS3にデータを格納し解析することもできます。

もちろんデプロイもワンクリック、ホストされた環境はオートスケールします。

さいごに

SageMakerにより、機械学習のモデル作成とトレーニングが非常に簡単になります。機械学習のキモの部分が手軽になることで、より簡単により早く、機械学習を使ったチャレンジが出来るようになると思います。これは非常に良いです!