【レポート】Case Study: How Hulu reinvented television using the AWS Cloud #reinvent #CTD302

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、若林です。 参加中のAWS re:Invent 2017で聴講したセッションのレポートをさせていただきたいと思います。

はじめに

本記事はAWS re:Invent 2017のセッション「CTD302 - Case Study: How Hulu reinvented television using the AWS Cloud」のレポートです。

セッション概要

In this session, learn how Hulu launched a new Live TV service and Cloud DVR platform using Amazon CloudFront, Amazon S3, >Amazon Aurora, and Amazon EC2 to enable the necessary scale for live video ingest, storage, and delivery of content streams. >Learn best practices for geographic redundancy, index and naming challenges, hitting performance targets, optimizing for cost, >and measuring the user experience to ensure smooth playback for when you build your own video streaming solution.

登壇者は以下の2名です。

  • Bradley Snyder DevOps Engineer
  • Bertrand Darnault Sr Engineering Manager , Hulu

レポート

Huluの概要

サブスクリプションモデルでのオンデマンド配信、HBOやSHOWTIMEといったケーブルテレビ配信に加えリアルタイム配信も行なっている。

2007年のサービス開始以降、唯一無二の体験を提供することにフォーカスしている。(機能追加も多数)

  • Huluはテクノロジー企業。
    • 2014年に260人だったエンジニアは現在630人まで増えている。
  • ほぼ全てを内製
    •  CMS
    • トランスコーディング
    • 広告サーバー、ワークフローツール
    • ビッグデータ
    • 経営状況のレポートツール
    • レコメンデーション プラットフォーム
    • 課金管理システム
    • 購入履歴管理システム
    • 電話会議サービス

 

  • Huluは1000以上のチャンネルを統合・データなどの資産をAWSに保存し多くのデバイスに配信している。

  • パーソナライズや配信広告のコントロールは、ライブ動画コンテンツの配信において重要な要素。

ライブ動画配信に関して

ライブ動画配信にあたり主に5つのチャレンジをしている。

  • リニア広告(本編開始前や配信後に配信される広告)の利用
  • DASH形式での大規模ライブ展開
  • 複数の取り込み形式
  • 500日でのライブ配信サービスの構築
  • コンテンツのセキュリティ(商用利用でのデジタル肖像著作権)

動画配信を支えるシステム構成

  • HuluはHLS/DASHでの提供を行うために一からライブ配信の仕組みを構築

  • ライブ配信のバックエンドを支えるAWS構成(全体像)

  • 詳細パート1
    • エンコーダーからAWSへの取り込みと加工

  • 詳細パート2
    • HLSやmp4といったメディアデータはS3
    • メタデータなどはElasticache、RDS(Aurora)に保存

  • 詳細パート3
    • ユーザーへの配信

  • まとめスライド
    • ライブ配信では後から修正することはできない、それを見越した計画・準備をする
    • 負荷試験は端から端まで個々のコンポーネントに実施する

AWSとの連携

  • AWS社との連携なしでは成し遂げることができなかった。
    • 24時間いつでも相談できるAWSサポート
    • コンサルティングを提供するプロフェッショナルサービス
    • Trusted Advisorの活用

最後に

日本でも多くの利用者がいるHuluですが、会社の風土やAWS活用の様子がわかるセッションでした。 利用する各AWSサービスの理解が重要と話されていたのが、ほぼ全てを内製している企業として印象的でした。