[レポート] CTD206: AWS Media Servicesを使って世界最大級のスポーツイベントを放送する #reinvent

はじめに

清水です。AWS re:Invent2018にてセッション CTD206 「Broadcasting the World's Largest Sporting Events: AWS Media Services When It Matters Most」を聴講してきたのでレポートします。

セッションの概要は下記になります。

Learn how TV New Zealand and France Television broadcast the Commonwealth Games and a major cycling event using AWS Media Services. Broadcasting live events is unpredictable. Reliability, agility, and scale all play important roles in ensuring a broadcast takes place without issues. Learn how to create channels on the fly for live events and how to seamlessly handle a fluctuation or influx of viewers using AWS Elemental MediaLive, AWS Elemental MediaPackage, and Amazon CloudFront.

スピーカーは下記のお三方です。

  • Greg Truax - Director of Engineering, AWS
  • Raphael Goldwaser - Lead Video Architect, France Télévisions
  • Andrew Blakey - Development Manager, TVNZ

レポート

スポーツイベントのストリーミング放送とAWS Media Servicesについて

まずはGreg Truaさんから、スポーツイベントのストリーミングとAWS Media Serivcesについての紹介がありました。

  • アメリカでの視聴者数、首位のスーパーボールをはじめ、ほとんどがスポーツイベント
  • 2018年にOTT配信した重要なスポーツイベント
    • 2月の冬季五輪、4月のコモンウェルスゲームズ、6,7月のワールドカップ、7月のツール・ド・フランス、9月のアジアカップ
  • なぜインターネット上でスポーツを見るのか?
    • より大きなコンテンツライブラリ
      • ロングテールイベントでも配信可能
    • 画質の良さ
      • インターネットストリーミングのほうが良いコーデックを使っている
        • HEVC+AVC(放送ならMPEG-2+AVCになってしまう)
      • HDRディスプレイはスマホやスマートTVでの利用が多い
      • 4K UHDでの配信もできる
    • レイテンシはOTAやケーブル、衛生放送と同じぐらいに縮小している
    • アプリを使った優れたユーザ体験を提供可能
      • 別カメアングル
      • 複数オーディオ
      • タイムシフト再生
      • 自動ハイライトクリップ
      • 高度な統計情報
      • レコメンデーション
      • リアルタイムチャット、ソーシャルメディア連携
  • なぜOTTストリーミングはクラウドに適しているのか?
    • スポーツイベントは数週間だけ
      • 必要なコンピュータリソースを、長期間保有する必要がない
    • 数百万のユーザへのスケーリング
      • ピーク対応のための大規模スケーリングが可能
    • 弾力性
      • ミスできないスポーツコンテンツに対して、複数AZで構成されるAWS Media Sericesは有効。最高レベルの冗長性を提供
  • 弾力性を持つアーキテクチャ
  • AWS Elemental MediaLiveのアーキテクチャ
    • 複数AZを使用、PipelineはAuto Scaling groupsで構成
  • AWS Elemental MediaPackageのアーキテクチャ
    • 複数AZ、内部ではストレージとDB、キャッシュを使用。こちらもAuto Scaling groupsで構成

ライブスポーツイベント配信の2つの事例の紹介

続いて事例の紹介です。まずはTVNZのAndrew Blakeyさんから、コモンウェルスゲームズの事例についての紹介がありました。

Gold Coast 2018 Commonwealth Gamesの事例

  • TVNZ(テレビジョン・ニュージーランド)はニュージーランドの国有テレビ局
  • 2018年のコモンウェルスゲームズについて映像で紹介
  • 2017年10月時点のストリーミングアーキテクチャ
    • オンプレで AWS Elemental ConductorとAWS Elemental Liveを利用
    • Legacy CDNから配信
  • AWSへの移行
  • CWG(CommonWealth Games) 放送ワークフロー 全体像
  • CWG ストリーミングアーキテクチャ
  • CWGの冗長性について
    • オンプレ環境から2本のDXで接続
    • MediaLiveから2つのMediaPackageに出力
    • CloudFront/AWS WAFについても2系統
  • CWGの結果
    • 300万のTV視聴者
    • 230万のライブストリーミング視聴者
    • 4,900万分のストリーミング視聴時間
  • 今後の課題
    • マネタイズ
    • AWS Elemental MediaTailorの使用を検討したい

Le Tour de Franceの事例

続いてFrance TélévisionsのRaphael Goldwaserさんから、Le Tour de Franceの事例についての紹介です。

  • フランステレビジョン(france tv)について。フランスの公共放送機関
  • 数字で見るフランステレビジョンのストリーミング
    • 月間6億超のビデオ視聴
    • 6,000超時間のライブイベント配信
    • 40超のチャンネル
    • 毎日300超の新しいビデオアセット
    • 60%超がモバイルデバイスのトラフィック
    • 月間15PB超のトラフィック
  • 主要なストリーミングコンテンツ
    • 全仏オープンテニス
    • ツール・ド・フランス
    • オリンピック
  • 数字で見るツール・ド・フランスのストリーミング
    • 850万のfrance tv sportへの訪問者
    • 全ビデオの視聴数4,100万
    • france tvへの訪問者は1,300万
    • 3,100万のソーシャルメディア投稿視聴
  • ツール・ド・フランスのライブイベントの歴史
    • 2015年まで
      • レガシー時代
        • 8チャンネル限定
        • 放送のプレイアウトをOTTでストリーミングする、という位置づけ
    • 2015年から2017年まで
      • テスト期間
        • 21チャンネル限定
        • オンプレミスのハードウェア利用
        • Elemental Cloudの検証(Elementalの緑色ロゴ時代)
    • 2017年から
      • フルクラウド
      • チャンネル数制限無し
      • パートナー
        • AWS Elemental
        • Wildmoka
  • 以前のワークフロー
  • 現在のライブイベントワークフロー
  • 移行に際しての要件
    • 素早いチャンネルの開始
    • HLS/DASH対応
    • ブランディング
    • スケーラビリティ
    • Dynamic AD Insertion
    • リアルタイムのクリッピング
  • 私たちが得たもの
    • オールインワン
      • ライブ、VOD、クリッピング
    • 高セキュリティ
    • 高クオリティ
  • 私たちが学んだこと
    • 長期間の関係性
    • バグとフレンドリーに
    • クラウドですべてのライブストリーミングプラットフォームは実現可能

感想

昨年のre:Invent2017でリリースされたサービス群、AWS Media Sericesの紹介と、その事例紹介のセッションでした。サービスリリースから1年経過し、Le Tour de Franceなどいろいろなスポーツイベントのストリーミング配信でAWS Media Serivcesが使用されていますね!また個人的にはスポーツイベントの配信畑出身なので、スポーツイベントとクラウドの相性の良さはとても納得できました。またAWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackageの内部アーキテクチャも紹介されており、大変興味深いセッションでした。