[速報]EC2のインスタンスタイプ推奨事項を機械学習で提案!AWS Compute Optimizerがリリースされました #reinvent

コンニチハ、千葉です。

re:Invent 2019 キーノートとても盛り上がりました! そしてキーノート以外でも様々なアップデートが発表されています。その中から、AWS Compute Optimizer をご紹介します。

AWS Compute Optimizerとは

AWS Compute Optimizerは、EC2で利用しているリソース利用状況に対し機械学習を行い、推奨事項を表示します。同じファミリー内のインスタンスサイズの提案だけではなく、別のファミリーの提案も行います。また、推奨事項はCloudWatchを利用し、仮想マシンレベルでのCPU使用率、ディスクIO、ネットワークIOなどのメトリクスを参照します。OSのメモリ使用量などのカスタムメトリクスを考慮させたい場合は、CloudWatch AgentをインストールしCloudWatchにメトリクスをプッシュするだけで、自動的に推奨事項のインプットとします。つまり、メモリ使用量を考慮させることもできます。

やってみた

マネージメントコンソールからCompute Optimizerを選択します。

Organizationsレベルで分析するか、とアカウント単体で分析するかを選択します。今回は、アカウント単体で有効化します。

リソースの数によっては、レコメンドを作成するのに最大12時間かかるようです。

私の環境ではリソースがないため表示されませんでしたが推奨事項として、現在のインスタンスをどのインスタンスに変更するよいかが具体的に提案されます。例えば、c5.xlargeをt3.largeにするとコストがどれくらいになる、という具体的な推奨が得られます。現在ご利用中のアカウントに対してCompete Optimizerを有効にするだけで、推奨事項を確認できますので、ぜひ試してみてください!!

2019/12/3現在、東京リージョン未対応です。東京対応が望まれますね!!!!!!!!早く欲しい!!!!!!!! 現在対応しているリージョンは、US East (N. Virginia), US West (Oregon), Europe (Ireland), US East (Ohio), South America (São Paulo)となります。

参考