S3の署名バージョン2(SigV2)の廃止スケジュールが延期、2020年6月以降も既存のS3バケットはSigV2が継続サポートとなりました!!

260件のシェア(すこし話題の記事)

AWSチームのすずきです。

2019/06/24に予告されていた Amazon S3の 署名バージョン2 (SigV2) の廃止スケジュールについて、 AWSブログでスケジュール変更の告知がありましたので、紹介させていただきます。

参考

【超重要】対応しないと使えなくなるかも?!今、全S3ユーザがチェックすべき署名バージョン2の廃止について

変更内容

変更前

2019年6月24日、全てのS3 で 署名バージョン2 (SigV2) 利用できなくなる予定でした。

変更後

2020年6月24日以降に新規に作成された S3バケットが、署名バージョン2 (SigV2) 利用がサポート外となる事になりました。

既存のS3バケットについては、2020年6月以降も署名バージョン2の利用がサポートされ、署名バーション2のまま継続利用が可能になりました。

まとめ

廃止予告日の直前のアナウンスとなりましたが、既存のS3バケットについては 署名バージョン2を用いたS3 APIの利用がサポートされる事になりました。

S3を署名バージョン2で利用するシステムで、2019年6月24日までに緊急メンテナンスを予定されていた場合、 一旦スケジュールの見直し頂ければと思います。

尚、AWSはセキュリティと性能面に優れた署名バージョン4(SigV4)の利用を推奨しています。

2019年6月の廃止は延期となりましたが、署名バージョン2(SigV2)を利用中のシステムは、 署名バージョン4に対応したSDKのアップデートなどをご検討ください。

廃止予定のS3署名バージョン2によるアクセスを調査する方法まとめ