[速報] Amazon SageMakerが東京リージョンで提供開始!いますぐ機械学習をはじめよう! #AWSSummit

93件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。

本日より、Amazon SageMakerが東京リージョンで提供開始されました!現在開催されている、AWS Summit 2018 Tokyo(3日目)のキーノートでアナウンスがありました!

Amazon SageMaker の 東京リージョン対応とChainerサポートがアナウンスされました。

 

Amazon SageMakerとは?

Amazon SageMaker はフルマネージドなエンド・エンド機械学習サービスです。

昨年(2017)のre:Inventで発表され、発表から半年で東京リージョンでの利用が可能になりました。

 

【速報】機械学習のネクストジェネレーション!新サービス「Amazon SageMaker」が発表されました!! #reinvent

 

Amazon SageMaker の機械学習について調べてみた – ClassmethodサーバーレスAdvent Calendar 2017 #serverless #adventcalendar #reinvent

Amazon SageMakerの特徴

  • 構築フェーズでは教師付き学習データおよび教師なし学習データのためのアルゴリズムが多数用意されている
  • フレームワークとしてTensorFlowとApache MXNetが使える
  • Dockerコンテナを使用して独自にトレーニングデータを作れる
  • トレーニングデータを作成し実行可能
  • 機械学習モデルをコピーし並列処理でパラメータ実行可能
  • Amazon S3に保存されたトレーニングデータの視覚化
  • S3に直接接続することも、AWS Glueを使ってRDS、DynamoDB、RedshiftからS3にデータを格納し解析可能

AWSマネジメントコンソール

すでにAWSマネジメントコンソールから使える模様です。画面は東京リージョンのものです。

さいごに

ついに東京リージョンで使えるようになりました。弊社ではすでにAmazon SageMakerのブログをたくさんアウトプットしているので、ご参考にしていただければ幸いです。

SageMaker – 特集カテゴリー –