[小ネタ] EC2のコンソール画面からSSM Session接続できる様になりました

小ネタですが地味にうれしい改善です。

これまでAWS Systems Mananager(以後SSM) Sessionを利用しセッションを張るにはSSMのコンソール画面からアクセスする必要がありましたが、これからはEC2のコンソール画面からもアクセス可能です。
こちらは新しくなった画面を見てもらうのが手っ取り早いでしょう。

前提条件

適当なEC2インスタンスを作成しSSM Sessionを張れる様にIAMロールをアタッチしておきます。
またコンソールにアクセスするユーザーはSSM Sessionを張れる権限を持っている必要があります。

ここは従来通りマネジメントコンソールからSSM Sessionを張れる環境であればOKということです。

やってみた

EC2のマネジメントコンソールから接続したインスタンスを選び、「接続」を選択します。

すると接続方法にこれまでは存在しなかった「セッションマネージャー」が増えていますので、こちらを選択し、「接続」をクリックします。

これで別ウィンドウ(または別タブ)でSSM Sessionコンソール画面が表示されます。

以上となります。
非常に簡単に接続できる様になりましたね。

ちょっと追記

Linuxインスタンスでの接続

WindowsインスタンスだけでなくAmazon Linuxインスタンスでも試してみると以下の様な画面に変わっておりセッションマネージャを利用できる様になっています。
また、EC2 Instance Connectの接続方式のうちJava Clientを使うものが除外されブラウザベースの接続に一本化された様です。(これは以前からかも?)

ログ設定など

従来のSSM接続では都度ログ出力などの設定を選ぶ形でしたが、EC2コンソールからの接続では既定の設定を使用する様になっています。
既定の設定は接続時ダイアログの「接続」リンクから移動し変更することが可能です。