Amazon LightsailでWindows Serverが利用可能になりました!

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

シンプルな設定で簡単にサーバを起動可能なAmazon Lightsailで、Windows Serverが利用可能になりました!

Microsoft Windows イメージ

現時点で利用可能なイメージは以下の3種類です。

  • OSのみ
    • Windows Server 2016 2017.09.13
    • Windows Server 2012 R2 2017.09.13
  • App + OS
    • SQL Server 2016 Express 2017.09.13(with Windows Server 2016)

なお、いずれも初期状態の言語設定は英語(US)となっていますので、日本語環境で利用するためには言語パックの追加が必要です。

利用可能なインスタンス、利用料はこれまでと異なり、以下のようになります。

OSのみ

月額利用料 vCPU RAM Disk(SSD) 含まれるデータ転送量
$10 1 512 MB 30 GB 1 TB
$17 1 1 GB 40 GB 2 TB
$30 1 2 GB 50 GB 3 TB
$55 2 4 GB 60 GB 4 TB
$100 2 8 GB 80 GB 5 TB

SQL Server

月額利用料 vCPU RAM Disk(SSD) 含まれるデータ転送量
$30 1 2 GB 50 GB 3 TB
$55 2 4 GB 60 GB 4 TB
$100 2 8 GB 80 GB 5 TB

起動してみる

早速試してみました。

Lightsailの画面から、[Create instance]を選択します。

lightsail-win-001

インスタンスイメージに、Microsoft Windowsが登場しています。

lightsail-win-002

Apps + OSには、SQL Server 2016 Expressが、

lightsail-win-003

OS OnlyにはWindows Server 2016Windows Server 2012 R2が選択可能です。今回はWindows Server 2016を選択しました。

lightsail-win-004

インスタンスプランを選択します。前述の通り、従来のLinuxとは費用が異なる点にご注意ください。

lightsail-win-005

あとはデフォルトで起動しました。

lightsail-win-006

インスタンスのメニューを表示すると、Lightsailの特徴の1つである、ブラウザからの接続もできそうです。

lightsail-win-007

起動してしばらくすると、Connect using RDPが有効になります。

lightsail-win-008

ブラウザからのRDPが利用できます!RDPクライアントがない環境からも利用できるということですね。

lightsail-win-009

他のRDPクライアントから接続したい場合には、ユーザはAdministratorを利用し、パスワードはコンソールから取得します。[Show default password]をクリックします。

lightsail-win-010

デフォルトの初期パスワードが表示されますので、こちらを控えて利用しましょう。

lightsail-win-011

まとめ

Amazon LightsailでWindowsの選択肢が登場し、気軽にWindows環境を利用できるようになりました。ブラウザからのRDP接続も可能なので、急遽Windows環境が必要になったときにも使えるのではないでしょうか。