WordPressをAmazon Auroraで動かしてみる

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんばんは、『恋仲』にさしこがサプライズ出演していて驚いた城内です。
ドラマ自体は王道ラブストーリーというだけあって、ストレートな展開でしたね、はい。
いや、嫌いじゃないですよ、ばっさー。

ということで、今回は、WordPressのデータベースにAmazon Auroraを使ってみたいと思います。
MySQLに互換性があるので、きっと使えるはずです。

さっそく試す

まずは、いつも通りElastic BeanstalkでさっとWordPress環境を立ち上げます。
まだAuroraがTokyoリージョンに来ていないため、今回はOregonリージョンを利用します。

その際に1点だけ注意してもらいたいのですが、「その他のリソース」設定画面で、RDSは選択しないようにしてください。

eb_01

試してみたのですが、その後のRDSの設定画面で、まだAuroraが選択できないようでした。
そのため、Auroraは別途作成することにします。

さて、以下のようにBeanstalkが立ち上がりましたでしょうか。

eb_02

では、次にAuroraを作成します。

さあ、RDSの画面で「Amazon Aurora」を選択してください!

rds_01

で、ポチポチして以下の通り出来上がります。

rds_02

最後に、WordPressの設定画面を経て、無事にデフォルト画面が立ち上がりました。

wp_01

wp_02

試しに記事を投稿してみましたが、問題なく表示されます。

wp_03

以上

今回は軽く触っただけですが、まったく問題なくWordPressでAuroraが使えましたね。
さすがのMySQL互換ですね。

ぜひAuroraがTokyoリージョンに来た際には、積極的に利用してみてください!