[新サービス] AWS CodeDeployを触ってみた #reinvent

122件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ども、大瀧です。
開催中のAWSプライベートイベント、re:Inventで続々と新サービスが発表になっています(他のブログエントリーでチェックしましょう)!今回は、CodeDeployという新サービスに触ってみたのでレポートします。

AWS CodeDeployとは

CodeDeployは、その名の通りアプリケーションコードをAWSの仮想マシンサービスであるEC2にデプロイ、管理するサービスです。

sds_architecture

従来からElastic Beanstalk、OpsWorksと言ったデプロイ系のサービスがありますが、CodeDeployは管理対象をEC2/AutoScalingのみに特化し、ローテーションやCIツールとの連携などより細やかなデプロイを意識したサービスと受け取れました。また、今後リリースされるAWS CodePipeline、CodeCommitとの連携にも期待したいところですね。費用はEC2インスタンスの利用料のみで、CodeDeploy自体の利用に費用はかかりません。

操作手順

CodeDeployの操作は、AWS Management Consoleから行います。ただ、コンソールのサービス一覧にはまだ載っていないので、製品WebページのGetting Startedにある[Deploy Sample]リンクを踏むのが早いでしょう。ちなみに、画面のリストにはほとんどのリージョンが出るんですが実際に管理画面が表示できたのはバージニア(us-east-1)とオレゴン(us-west-2)でした。順次他のリージョンでも有効化されるでしょう。今回はオレゴンで試してみました。

早速デプロイの種類をサンプルとカスタムから選択します。今回はCodeDeployの様子を探りたかったので[Sample Deployment]を選択しました。

codedeploy-ataglance02

デプロイ対象のEC2インスタンスはDeployment Groupというグループ単位で管理されます。あらかじめCodeDeployエージェントをインストールしなければならないなどDeployment Groupに含めるための事前要件があるので、ウィザードではサンプル用にCloudFormationで一括作成してくれるようになっています。 Amazon LinuxとWindows Serverのどちらかを選択し、インスタンスのタイプ、SSHキーペア、タグを確認・入力、[Launch Instance]ボタンをクリックします。

codedeploy-ataglance03

すると、新しいウィンドウが立ち上がり、CloudFormationのスタック一覧画面が表示されます。先ほど選んだ項目が、このCloudFormationスタックのテンプレートに反映されるというわけですね。

codedeploy-ataglance04

元の画面に戻ると、「スタックのステータスが[CREATE_COMPLETE]になるまで待ちましょう」とあるので、しばらく待ちます。

codedeploy-ataglance05

CloudFormationのスタック作成が完了(CREATE_COMPLETE)したら、[Next Step]をクリックします。

codedeploy-ataglance06

アプリケーションの構成

続いて、デプロイするアプリケーションの構成です。CodeDeployでは複数のアプリケーションを扱うことができるので、今回の最初のアプリケーションの名前を入力します。

codedeploy-ataglance07

アプリケーションのリビジョンを確認します。今回はサンプルがあらかじめS3に用意されており、[Download Sample Bundle]ボタンでダウンロード、中身を確認することができます。

codedeploy-ataglance08

Sample Bundleには以下のファイルが含まれていました。

$ tree SampleApp_Linux
SampleApp_Linux
├── LICENSE.txt
├── appspec.yml
├── index.html
└── scripts
    ├── install_dependencies
    ├── start_server
    └── stop_server
$

メインの構成ファイルはappspec.ymlで、AppSpecファイルと呼ばれます。デプロイするファイルのほか、デプロイ前後に実行するスクリプト、パーミッションなどを設定できます。詳細はドキュメントのリファレンスを参照してください。

version: 0.0
os: linux
files:
  - source: /index.html
    destination: /var/www/html/
hooks:
  BeforeInstall:
    - location: scripts/install_dependencies
      timeout: 300
      runas: root
    - location: scripts/start_server
      timeout: 300
      runas: root
  ApplicationStop:
    - location: scripts/stop_server
      timeout: 300
      runas: root

今回のサンプルは、シンプルな静的Webコンテンツということがわかりますね。元の画面に戻り、[Next Step]をクリックします。

Deployment Groupの構成

先ほど説明した、Deployment Groupの構成画面が表示されます。まずはグループ名を入力、[Add Instance]には、グループに含むEC2インスタンスを指定します。ウィザードでは、先ほどCloudFormationで作成した3台のEC2インスタンスが既に含まれていますが、別途Nameタグ単位で個別のEC2インスタンスやAutoScalingGroup名単位でAutoScalingのインスタンスをCodeDeployの配下に置くことができます。今回はEC2インスタンス3台のまま、[Next Step]で進みます。

codedeploy-ataglance09

続いて、CodeDeployサービスからデプロイに関するリソースへアクセスするためのロールを選択します。これも先ほどのCloudFormationによって作成されたものがあるので、それを選択します。

codedeploy-ataglance10

ちなみに、ロールの中身は以下のような感じでした。AutoScalingのフックでデプロイプロセスが走る様子が透けて見えますね。

{
    "Statement": [
        {
            "Action": [
                "ec2:Describe*"
            ], 
            "Effect": "Allow", 
            "Resource": [
                "*"
            ]
        }, 
        {
            "Action": [
                "autoscaling:CompleteLifecycleAction", 
                "autoscaling:DeleteLifecycleHook", 
                "autoscaling:DescribeLifecycleHooks", 
                "autoscaling:DescribeAutoScalingGroups", 
                "autoscaling:PutLifecycleHook", 
                "autoscaling:RecordLifecycleActionHeartbeat"
            ], 
            "Effect": "Allow", 
            "Resource": [
                "*"
            ]
        }
    ]
}

Deploymentの構成

残るは、実際のデプロイ自体の構成です。デプロイ対象のインスタンスに対して、デプロイプロセスを何台ずつ平行して走らせるかを選択します。1台ずつ、半分、全部の3パターンから選択します。自分でデプロイ構成を追加することもできます。

codedeploy-ataglance11

codedeploy-ataglance12

確認と実行

これで設定は完了です。設定内容を確認し、[Deploy Now]で初回のデプロイがスタートします。

codedeploy-ataglance13

codedeploy-ataglance14

Deployment一覧画面に切り替わり、[Status]がCreatedになっていることがわかります。

codedeploy-ataglance15

[Status]がSucceededに変われば、デプロイ完了です。[Instances]という項目が追加され、3台とも完了していることがわかります。

codedeploy-ataglance17

動作確認

では、出来上がった環境を確認してみましょう。CloudFormationによって作成されたEC2インスタンス3台を確認します。

codedeploy-ataglance16

いずれか1台にWebブラウザでHTTP接続してみます。

codedeploy-ataglance18

サンプルのWebページが表示されました!

また、CodeDeployエージェントの様子も確認してみます。EC2インスタンスのUser Dataを確認すると、codedeploy-agentパッケージがインストールされていることがわかります。

#!/bin/bash -ex
yum update -y aws-cfn-bootstrap
yum install -y aws-cli
# Helper function.
function error_exit
{
  /opt/aws/bin/cfn-signal -e 1 -r "$1" 'https://cloudformation-waitcondition-us-west-2.s3-us-west-2.amazonaws.com/arn%3Aaws%3Acloudformation%3Aus-west-2%3A602604506680%3Astack/CodeDeploySampleStack-mkb5ryhkt9/c2f2fe10-6a9a-11e4-bb71-50e2414b0a18/WaitHandle?AWSAccessKeyId=AKIAIY5RM4DUXMU25KNA&Expires=1415903773&Signature=CzLhBIGi0kbUZfOztoYvf4wmMGg%3D'
  exit 1
}
# Install the AWS CodeDeploy Agent.
cd /home/ec2-user/
aws s3 cp 's3://aws-codedeploy-us-west-2/latest/codedeploy-agent.noarch.rpm' . || error_exit 'Failed to download AWS CodeDeploy Agent.'
yum -y install codedeploy-agent.noarch.rpm || error_exit 'Failed to install AWS CodeDeploy Agent.' 
/opt/aws/bin/cfn-init -s arn:aws:cloudformation:us-west-2:602604506680:stack/CodeDeploySampleStack-mkb5ryhkt9/c2f2fe10-6a9a-11e4-bb71-50e2414b0a18 -r LinuxEC2Instance --region us-west-2 || error_exit 'Failed to run cfn-init.'
# All is well, so signal success.
/opt/aws/bin/cfn-signal -e 0 -r "AWS CodeDeploy Agent setup complete." 'https://cloudformation-waitcondition-us-west-2.s3-us-west-2.amazonaws.com/arn%3Aaws%3Acloudformation%3Aus-west-2%3A602604506680%3Astack/CodeDeploySampleStack-mkb5ryhkt9/c2f2fe10-6a9a-11e4-bb71-50e2414b0a18/WaitHandle?AWSAccessKeyId=AKIAIY5RM4DUXMU25KNA&Expires=1415903773&Signature=CzLhBIGi0kbUZfOztoYvf4wmMGg%3D'

SSHでログインし、パッケージの様子を見てみました。

[ec2-user@ip-172-31-XX-XX ~]$ rpm -qi codedeploy-agent
Name        : codedeploy-agent
Version     : 1.0
Release     : 1.643
Architecture: noarch
Install Date: 2014年11月12日 18時40分45秒
Group       : Applications/System
Size        : 6106031
License     : Amazon.com Internal
Signature   : (none)
Source RPM  : codedeploy-agent-1.0-1.643.src.rpm
Build Date  : 2014年11月06日 23時16分16秒
Build Host  : sds-tod-workers-2b-i-2c8d5326.us-west-2.amazon.com
Relocations : (not relocatable)
Vendor      : Amazon.com
Summary     : Provides the required files for CodeDeploy agent to run in EC2 instances
Description :
CodeDeploy instance agent is responsible for doing the actual work of deploying software
on an EC2 instance.
[ec2-user@ip-172-31-XX-XX ~]$ rpm -ql codedeploy-agent
/etc/codedeploy-agent
/etc/codedeploy-agent/conf
/etc/codedeploy-agent/conf/codedeployagent.yml
/etc/rc.d/init.d/codedeploy-agent
/opt/codedeploy-agent
/opt/codedeploy-agent/bin
/opt/codedeploy-agent/bin/codedeploy-agent
/opt/codedeploy-agent/bin/install
/opt/codedeploy-agent/certs
/opt/codedeploy-agent/certs/host-agent-deployment-signer-ca-chain.pem
/opt/codedeploy-agent/lib
/opt/codedeploy-agent/lib/core_ext.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/external
/opt/codedeploy-agent/lib/external/README
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/agent
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/agent/base.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/ace_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/acl_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/application_specification.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/context_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/file_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/linux_permission_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/mode_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/range_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/application_specification/script_info.rb
/opt/codedeploy-agent/lib/instance_agent/codedeploy_plugin/codedeploy_control.rb
  : 
[ec2-user@ip-172-31-XX-XX ~]$

Amazon独自開発の、Rubyで書かれたエージェントのようですね。

まとめ

サンプルでの実行でしたが、CodeDeployの雰囲気を感じていただけたでしょうか?やはり技術的にアツいのはCI連携だと思うので、また試してみてブログにアップしたいと思います!