[新機能] デフォルトVPCが新規作成できるようになりました!

こんにちは、菊池です。

昨日、2017年7月27日のアップデートにより、デフォルトVPCの新規作成が可能になりました。

デフォルトVPCとは

AWSアカウントを作成するとデフォルトで用意されているVPCで、全てのリージョンにあらかじめ設定されています。

EC2インスタンスを新規作成する際には、VPC、サブネットを明示的に指定しなければデフォルトVPC内に起動されます。デフォルトVPCには以下のコンポーネントも用意されます。

  • VPC
  • デフォルトのサブネット
  • IGW
  • IGWへの経路を持つメインルートテーブル
  • デフォルトのセキュリティグループ
  • デフォルトのネットワークアクセスコントロールリスト (ACL)
  • DHCP オプションセット

このデフォルトVPCは削除することも可能です。しかし、これまでは、削除してしまったデフォルトVPCを再作成するためには、AWSサポートへ設定を依頼する必要がありました。今回のアップデートにより、デフォルトVPCをユーザー自身で作成することが可能になりました。

作成してみる

マネジメントコンソールから

マネジメントコンソールからデフォルトVPCを作成します。

デフォルトVPCは1リージョンに1つしか作成できませんので、まずは既存のデフォルトVPCを削除します。VPCを削除すると、VPC内の全てのリソースも削除されますので、利用していないロンドンリージョンを使って試しました。

default-vpc-001

確認画面が出ますので、問題なければチェックして削除します。

default-vpc-002

デフォルトVPCが削除されると、新規作成が可能になります。[アクション]->[デフォルトVPCの作成]を選択します。

default-vpc-003

確認画面が出るので、Createを選択。CIDRなども固定の値が設定されますので、特に指定するオプションはありません。

default-vpc-004

作成できたようです。

default-vpc-005

一覧にも、新しいデフォルトVPCが表示されました。

default-vpc-006

AWS CLIから

AWS CLIからはcreate-default-vpcコマンドで作成可能です。(AWS CLIを最新にアップデートしましょう)

まずはデフォルトVPCがないことを確認します。

$ aws ec2 --region eu-west-2 describe-vpcs
{
    "Vpcs": []
}

デフォルトVPCが存在しないことが確認できますので、作成してみます。

$ aws ec2 --region eu-west-2 create-default-vpc
{
    "Vpc": {
        "VpcId": "vpc-xxxxxxxx",
        "InstanceTenancy": "default",
        "Tags": [],
        "Ipv6CidrBlockAssociationSet": [],
        "State": "pending",
        "DhcpOptionsId": "dopt-xxxxxxxx",
        "CidrBlock": "172.31.0.0/16",
        "IsDefault": true
    }
}

再度、VPCを確認しました。

$ aws ec2 --region eu-west-2 describe-vpcs
{
    "Vpcs": [
        {
            "VpcId": "vpc-xxxxxxxx",
            "InstanceTenancy": "default",
            "State": "available",
            "DhcpOptionsId": "dopt-xxxxxxxx",
            "CidrBlock": "172.31.0.0/16",
            "IsDefault": true
        }
    ]
}

IsDefaulttrueのVPCができています。ちなみに、すでにデフォルトVPCがある状態で作成を試みると、

$ aws ec2 --region eu-west-2 create-default-vpc

An error occurred (DefaultVpcAlreadyExists) when calling the CreateDefaultVpc operation: A Default VPC already exists for this account in this region.

このようにエラーになります。

最後に

これまでサポートに依頼しなければ再作成出なかった、デフォルトVPCの新規作成が可能になりました。私自身、不要だと思ってうっかり削除してしまい、作成方法がわからなくなった経験もあります。ユーザーがセルフでできることが増えるのは嬉しいですね。