Mackerelを始めてみた

154件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

本日2014年5月8日、ベータ利用が可能となった株式会社はてなさんのサーバ監視サービス、Mackerelのベータ利用が可能になりましたので、早速試用させて頂きました。

Mackerel トップページ

サインアップ

「無料アカウントを作成」に進みます。

001ーMackerel

利用条件を確認した後、メールアドレスを記入します。

002ーMackerel-2

記入したアドレス宛に送付されるメールのURLを開きます。

004ーMackerel

任意のパスワード文字列を入力します。

005ーMackerel

任意のオーガニゼーションを登録すると、サインアップは完了します。

006ーMackerel

監視ホストの設定、登録

エージェントのインストールに進みます。

007ーMackerel

今回、監視対象とするサーバOSはUbuntuを利用しました。 「debパッケージをインストール」を選択します。

009ーMackerel-2

案内に従い、エージェントパッケージのダウンロード、インストール、APIKEYの反映、エージェントの起動を実施します。

010ーMackerel-4

curl https://mackerel.io/assets/files/agents/mackerel-agent_0.5.0-1_all.deb -o mackerel-agent_0.5.0-1_all.deb
sudo dpkg -i mackerel-agent_0.5.0-1_all.deb 
echo APIKEY="XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX" \
 | sudo tee /etc/default/mackerel-agent
sudo /etc/init.d/mackerel-agent start

※APIKEYの文字列は、設定案内画面で出力されるものに差し替えます。

エージェントのインストールに成功すると、Hostsとしてリストに表示されます。

011ーMackerel-2

モニタ画面

ホストの一覧から、ホスト名を選択すると監視画面に進みます。

エージェントのインストール後、10分前後でグラフが表示されます。

013ーMackerel

今回、監視対象としたサーバは、AWSのt1.microインスタンスでした。負荷を発生させた際に、CPUのSteal値が上昇するなど、サーバの詳細な利用状況について簡単にグラフ化、確認する事ができました。

まとめ

和訳名「鯖」となるサービス名が付けられたMackerel。 サーバのリソース監視をとても簡単に開始できる事がわかりました。アラーム実装や、Chefとの連携など、今後の機能追加に期待です。