【初心者向け】初めて VPC 環境作成してみた

こんにちは chicca です。

初めてEC2インスタンスを起動してみます。

今回はその準備として VPC 環境を作成した時のおさらいメモブログです。

とりあえず、手を動かしてみました。

知っておきたい用語

  • VPC…仮想ネットワークのこと。この中に EC2 を起動する。
  • CIDR(Classless Inter-Domain Routing)…VPC を作成するときに IPv4 アドレスの範囲を指定する形式。サイダーと読む。
  • インターネットゲートウェイ…ネットワークの出入り口。 VPC にひとつ付ける。
  • ルートテーブル…ネットワークの交通整理をする。通信の経路(ルート)を決める。パブリックサブネットに付ける。

手順

0-1.AWS アカウントにログイン

0-2.マネジメントコンソール「サービスを検索する」から「VPC」を検索

1.VPCを作成:Amazon VPC とは?

VPC > 「VPCの作成」  
次の2箇所を入力し「作成」をクリックします

名前タグ: 任意の名称。今回は「vpc-no1」

IPv4 CIRD ブロック: 任意の IP アドレス。今回は「10.0.0.0/16」

 

 
VPC が作成されたら「閉じる」  
VPC ができました  

2.パブリックサブネットとプライベートサブネットを作成:VPC とサブネット

パブリックサブネットとプライベートサブネットの作成手順は同じです。

サブネット > 「サブネットの作成」  
次の3箇所を入力し「作成」をクリックします

【パブリックサブネット】

名前タグ: 任意の名称。今回は「vpc-no1-public」

VPC: リストから先ほど作成した VPC を選択

IPv4 CIRD ブロック: 任意の IP アドレス。今回は「10.0.0.0/24」

【プライベートサブネット】

名前タグ: 任意の名称。今回は「vpc-no1-private」

VPC: リストから先ほど作成した VPC を選択

IPv4 CIRD ブロック: 任意の IP アドレス。今回は「10.0.1.0/24」

 
サブネット が作成されたら「閉じる」
サブネット ができました  

3 .インターネットゲートウェイを作成:インターネットゲートウェイ

インターネットゲートウェイ > 「インターネットゲートウェイの作成」  
次の1箇所を入力し「作成」をクリックします

名前タグ: 任意の名称。今回は「igw-no1」

 

 
ゲートウェイ が作成されたら「閉じる」  
ゲートウェイ ができました  

4.VPC にインターネットゲートウェイをアタッチ

手順 3.で作成したゲートウェイを選択し、「アクション」をクリック

選択肢から「VPC にアタッチ」を選ぶ

 
VPC: 手順 1.で作成した VPCを選択し「アタッチ」  
アタッチされました

5.ルートテーブルの作成:ルートテーブル

サブネットを作成するとデフォルトのルートテーブルが作成されますが、今回は自分で作成します

ルートテーブル > 「ルートテーブルの作成」  
次の2箇所を入力し「作成」をクリックします

名前タグ: 任意の名称。今回は「rtb-no1-public」

VPC: 手順 1.で作成した VPC を選択

 
ルートテーブル が作成されたら「閉じる」  
ルートテーブル ができました  

6.ルートテーブルをパブリックサブネットにアタッチ

手順 5.で作成したルートテーブルを選択し、「サブネットの関連付け」タブ > 「サブネット関連付けの編集」  
手順 2.で作成したパブリックサブネットを選択し「保存」  
パブリックサブネットにルートテーブルがアタッチされました  

 

本日はここまでです。