【祝】AWSで大阪ローカルリージョンが利用できるようになりました!

147件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

はじめに

中山(順)です

大阪リージョンがついにリリースされました!!!

【 AWS 新リージョン】 AWS 大阪ローカルリージョンが本日より利用可能になりました

去年のAWS Summit Tokyo 2017で発表されてから約8ヶ月、ついにやってまいりました!

現在わかってること

現在わかっていることをまとめてみました。

途中にも記載していますが、あくまでも東京リージョンを補完するという位置づけのリージョンであることにご注意ください。

利用開始方法

利用するためには申し込みが必要です。
以下のフォームから申し込むか、担当の営業さんに相談するといいのではないかと思います。

https://pages.awscloud.com/osaka-local-region-request.html

価格

EC2に限っての話ですが、スポットインスタンスおよびリザーブドインスタンスの価格はすでにサイトで確認可能です。
しかし、オンデマンドの価格は現時点では確認できませんでした。

Amazon EC2 スポットインスタンス料金表

Amazon EC2 リザーブドインスタンス料金表

当初より補完的な位置づけであることは明言されていましたが、オンデマンドでの利用はできないのかもしれません。
こちらは情報が確認出来次第、補足したいと思います。

リージョン名

ap-northeast-3です。

アベイラビリティーゾーンの数

1つです。

公式ブログにもありますが、大阪ローカルリージョン単独での利用はできません。
あくまでも東京リージョンを補完するという位置づけであることにご注意ください。

具体的には、「データベースクラスタのレプリカ(スタンバイ)を配置」などの用途が考えられると思います。

対応サービス

2018年2月13日時点では以下のとおりです。

  • Amazon CloudWatch
  • Amazon CloudWatch Events
  • Amazon CloudWatch Logs
  • Amazon DynamoDB
  • Amazon ElastiCache
  • Amazon Elastic Block Store (EBS)
  • Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)
  • Amazon Elastic MapReduce
  • Amazon Glacier
  • Amazon Kinesis Data Streams
  • Amazon Redshift
  • Amazon Relational Database Service (RDS)
  • Amazon Simple Notification Service (SNS)
  • Amazon Simple Queue Service (SQS)
  • Amazon Simple Storage Service (S3)
  • Amazon Simple Workflow Service (SWF)
  • Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
  • Auto Scaling
  • AWS Certificate Manager
  • AWS CloudFormation
  • AWS CodeDeploy
  • AWS Direct Connect
  • AWS Elastic Beanstalk
  • AWS Key Management Service
  • AWS Personal Health Dashboard
  • Elastic Load Balancing

詳細はリージョンテーブルをご確認ください。

Region Table

各サービスのエンドポイント

各サービスのエンドポイントはこちらから確認できます。

AWS Regions and Endpoints

AWS CLIの対応状況

対応済でした。
当然、審査に通ってないとエラーが出ます。

export AWS_DEFAULT_REGION="ap-northeast-3"

aws ec2 describe-availability-zones
An error occurred (OptInRequired) when calling the DescribeAvailabilityZones operation: You are not subscribed to this service. Please go to http://aws.amazon.com to subscribe.

東京リージョンとの距離およびレイテンシ

データーセンターの正確な場所は公開されていないため厳密な距離は不明ですが、約400キロほど離れていることにあります。

レイテンシについてですが、東京リージョンのEC2インスタンスからあるサービスのエンドポイントに対してpingを実行してみました。
(結果は参考程度にお願いします)

東京リージョンはこちらです。

ping -c 3 autoscaling.ap-northeast-1.amazonaws.com
PING autoscaling.ap-northeast-1.amazonaws.com (52.95.34.25) 56(84) bytes of data                                                                                                             .
64 bytes from 52.95.34.25: icmp_seq=1 ttl=251 time=0.257 ms
64 bytes from 52.95.34.25: icmp_seq=2 ttl=251 time=0.294 ms
64 bytes from 52.95.34.25: icmp_seq=3 ttl=251 time=0.228 ms

--- autoscaling.ap-northeast-1.amazonaws.com ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2031ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.228/0.259/0.294/0.032 ms

大阪リージョンはこちらです。

ping -c 3 autoscaling.ap-northeast-3.amazonaws.com
PING autoscaling.ap-northeast-3.amazonaws.com (13.248.8.36) 56(84) bytes of data                                                                                                             .
64 bytes from 13.248.8.36: icmp_seq=1 ttl=232 time=8.31 ms
64 bytes from 13.248.8.36: icmp_seq=2 ttl=232 time=8.29 ms
64 bytes from 13.248.8.36: icmp_seq=3 ttl=232 time=8.28 ms

--- autoscaling.ap-northeast-3.amazonaws.com ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2004ms
rtt min/avg/max/mdev = 8.288/8.299/8.310/0.009 ms

まとめ

大阪リージョンの利用が適しているか要件を予め整理・検討する必要がありますが、待ってた方は多いのではないでしょうか。

利用できるサービスについては、要望に応じて対応していくんだろうと思いますので、ガンガンフィードバックしていきましょう!