[アップデート] RDS および Aurora のリストア時にパラメータグループが指定できるようになりました!

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

本日のアップデートにより、RDS および Aurora のスナップショットリストア時にパラメータグループが指定できるようになりました!

これまで、スナップショットリストアの際にパラメータグループを指定することは出来ず、デフォルトのパラメータグループが関連付けられるため、リストア後に再度、パラメータグループの変更が必要でした。パラメータグループの変更には、再起動が必要となるため、「地味にめんどくさいなぁ...」と感じていたと部分なので、これは嬉しいアップデートですね!

さっそく試してみる

それでは、さっそく試してみます。今回、検証した環境は下記のとおりです。

  • 東京リージョン
  • MySQL 5.7.23
  • Single-AZ

パラメータグループには、test-mysql57 を作成し、指定しています。

では、この状態で RDS インスタンスを削除し、最終スナップショットから復元してみます。

スナップショットのリストア

リストアのメニューを確認すると、確かに「パラメータグループ」の設定項目が増えてますね!元のパラメータグループ test-mysql57 を指定し、リストアを実行します。

朝のコーヒを飲みつつ、待つこと数分...

指定したとおりのパラメータグループで起動できてますね!

ただし、セキュリティグループは従来のとおり、デフォルト・セキュリティグループに戻りますので、起動後に変更が必要となります。パラメータグループとは違い、セキュリティグループの変更に再起動の必要はありません。

さいごに

いかがだったでしょうか?ちいさなアップデートではありますが、リストア後のパラメータグループ設定を煩わしいと感じてた方は少なくないと思いますので、嬉しいアップデートですね。ここまでくると、「セキュリティグループもリストア時に指定させてくれ!!」と思ってしまうので、AWS さん、よろしくお願いします!!

以上!大阪オフィスの丸毛(@marumo1981)でした!