[AWS]タグエディタを使ってリソースタグを一括編集する

コンニチハ、千葉です。

はじめは少なかったAWSのリソース達。命名規則は特になくタグを付けて、気づいたらリソースが大量になっていて、管理が必要になったのでよし、タグをつけよう!

S3コンソールに移動して、EC2コンソールに移動してポチポチポチ。そんな、悩みを解決してくれるタグエディターを使って色々やってみたのでご紹介です。

タグエディターでできること

タグベースでのリソース検索ができ、さらに検索したリソースに対してタグを付与することができます。

例へば、EC2、S3を指定して検索、結果に対して一括でタグを付与することもできます。

タグエディタは、上部のリソースグループから選択します。

20170303_tageditor-all-edit-1

リージョン、リソースタイプを選択して検索します。特定のタグが付いたリソースを検索したい場合は、検索するタグも指定します。今回はタグは指定なしで検索しました。

20170303_tageditor-all-edit-2

それでは検索した結果に対して、それぞれタグを付けていきます。

一括で同じタグを指定する

検索結果から、一括で同じタグを付けます。

既存タグの一括編集や、同じタグを一括で追加できます。

20170303_tageditor-all-edit-3

20170303_tageditor-all-edit-4

追加しただけだと表示されないので、更新ボタンを押してから、キーの表示設定をします。

20170303_tageditor-all-edit-5

表示できました

20170303_tageditor-all-edit-7

個別編集する

検索結果のリソースに対して個別に変更を加えます。

20170303_tageditor-all-edit-8

鉛筆アイコンをクリックすれば簡単にタグ編集できます。

タグキーのみ追加し、個別にタグの値を入力する

タグのみでも追加できます。共通のタグ名を追加して、あとから個別にタグの値を設定することもできます。

20170303_tageditor-all-edit-9

任意のキーを追加します。

20170303_tageditor-all-edit-10

追加されました。あとは、個別にタグを編集すればokですね。

20170303_tageditor-all-edit-11

最後に

今回は、少量の変更でしたが、リソースが100、200などになった場合、各リソースから変更していると辛くなります。 また、各リソースをまたいでEC2、S3等、一括でタグ変更できるのでこちらもメリットがあると思います!!