DARE-TO-CAREボランティアプロジェクト やってきました #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

re:Invent は多数のひとが集まると言うことで、こんな活動も行われていました。

VMwareが協賛なのですね。

詳細は英文を読んでもらうとして、これが何かというと、
要は「被災地に送るための物資の袋詰めを手伝ってくれ」という活動です。

for disaster victims of the recent hurricanes」とあるので、数ヶ月前にアメリカ南部付近で発生したハリケーン災害の被災者へ向けて清潔なキットを届けよう、ということでしょうか。

やってみた

さっそくわたしもやってみました。

やることは簡単です。こちらの看板に書いてあるとおりで、

最初に袋を受け取り、

机に並べられたタオルや石けんなどを順に詰めていって

箱に納めれば完了!

時間は数分しかかかりませんが、上の URL の「Take a few minutes out of your busy schedule(あなたの忙しいスケジュールのうちの数分を下さい)」というところがボランティアである所以かと思います。

箱に詰めたらステッカー(と VMware のボールペン)がもらえます。

なお、衛生キットの梱包は今日(11/29)だけで、明日 11/30 は学生向けの緊急避難キットの組み立てとのこと。

そんなに時間がかかるものではないし、何より人助けです。米国赤十字が協賛している背景のしっかりしたものですので、ヴェネチア会場の EXPO に寄られた際には、是非参加してみてください。

わたしも明日、もういっかい行ってみる予定です!

場所

  • Venetian Level 2 Hall B
    • ホール前ロビーの奥の方

時間

  • Wednesday, November 29 11:00am – 3:00pm
  • Thursday, November 30 11:00am - 3:00pm

参考