node.jsのいろいろなモジュール46 – MarkdownをHTMLに変換する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

MarkdownをHTMLに変換する

Markdownとは、文書を記述するためのマークアップ言語です。
GitHubでは「GitHub Flavored Markdown(GFM)」というGitHub用のエンジンが使用されており、
Markdown記法を使ってREADME.mdを書いたことがあるかもしれません。
今回紹介するbedeckedは、Markdown形式のファイルをhtmlに変換してくれるモジュールです。
コマンドラインかプログラム内から使用することができます。
では、動作を試してみましょう。

環境構築方法

今回使用した動作環境は以下のとおりです。

  • OS : MacOS X 10.7.5
  • Node.js : v0.10.8
  • npm : 1.2.23

npmを使用して必要なモジュールをインストールします。

% npm install -g bedecked

サンプルアプリ作成

まずはこんな感じのMarkdownファイルを用意します。(名前はreadme.md)

#### レベル4の見出し

*Hello bedecked*

モジュールで出力したhtmlです。

これをhtmlに変換してみます。bedeckedコマンドを使用して、リダイレクトすればhtmlを出力できます。
結果のhtmlを見てみると、見出しや強調文字が反映されています。

% bedecked readme.md > readme.html

まとめ

出力時、独自のスタイルを適用させることもできるようです。まだ出力されるhtmlは完璧とは言いがたいですが、
簡単にhtmlに変換できるので、使う機会もあるかもしれませんね。

参考サイトなど