AIソリューション部にJOINしました持田 徹です

160件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

初めまして、AIソリューション部(元Alexa事業部)にJOINしました持田 徹です。 同じ部署に、同じ名字の持田が在籍しておりますので、フルネームで失礼いたします。

AIソリューション部は本日からスタートですので、新しい部の初日に立ち会うことができ、ワクワクしています。

これまで

父の転勤の都合で、小学校のほとんどをシンガポールで過ごしました。

帰国後はずっと大阪に住んでいます。

新卒から8年あまり、メーカー系SIerの研究開発部門で、携帯電話用ソフトウェアをはじめとする様々な技術開発や、事業企画、ブランディングなどに携わっていました。

その頃、高齢者や障害者でも支障なく利用できるWebページやUI設計(アクセシビリティ)に興味を持ち、コミュニティを立ち上げたり、雑誌記事書籍の執筆に携わったりしていました。

その後、アクセシビリティを強みとする小さなWeb制作会社に転職しました。そこは自社でCMSを開発・販売しているので、Web受託案件で、アクセシビリティの知識を活かしつつ、インフラエンジニアとしてCMSサーバーを構築したり、社内にOffice365を導入したり、Microsoft Azureの仮想サーバーを提供するビジネスの立ち上げに関わったりしながら10年在籍しました。

入社の経緯

Amazon Echoが日本で発売される1年半くらい前に、インフラの知識を高めるために受講していたAWS関連のMOOCsで、Alexaが注目の技術として取り上げられていました。すぐにRaspberry PiでAVSのサンプルを動作させて衝撃を受けました。そして、YouTubeで関連する動画を確認して、これは将来性があるなと直感しました。もともと、小学生の頃からナイトライダーのファンで、いつか K.I.T.T. を作りたいと思っていたことも、きっかけかもしれません。

ナイト2000のレプリカ画像

(Photo from: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%882000)

また、これは長年取り組んできたアクセシビリティの新たな分野になると思い、この分野で最先端をいくクラスメソッドに応募しました。

プライベート

小学生と幼稚園児の2人の娘の父親です。仕事が終わったらすぐ家事育児になり、あまり趣味などの時間が取れませんが、家族との旅行でドライブや美味しいものを食べる、地酒を飲むのが楽しみです。古いジャッキー・チェンの映画に詳しいです。

また、アクセシビリティのコミュニティ活動として、個人的にウェブアクセシビリティ基盤委員会でドキュメントの翻訳をしたり、アクセシビリティのイベントへの登壇は、今後も続けて行きたいと思っています。

写真は、今年の5月17日に、神戸で開催された『アクセシビリティの祭典』で、AlexaスキルのアクセシビリティについてLTしているところを、ヤフー株式会社の今野 大介さんに撮影いただいたものです。

アクセシビリティの祭典での登壇写真

これからやりたいこと

まずはAlexaや、AWSのAIソリューションに関する知識を深めたいです。また、障害者や高齢者にも使いやすいなAVSも開発したいです。 個人的には、定期的にランニングする習慣をつけたいです。

今後とも、よろしくお願いいたします!