【OTRS】Amazon Linux 2013.09にRPMで簡単インストール(mod_perl有効編)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、三井田です。

前回は、植木さんが『【OTRS】オープンソース ヘルプデスクシステム「OTRS」を試す』で、OTRSについてとソースからをインストールする手順を紹介しました。
このエントリーではRPMから簡単にセットアップする手順を紹介したいと思います。

なお、CentOSへのインストール手順書は、日本OTRSユーザ会さんが、勉強会などで紹介・配布しています。

環境

OTRSのRPMは、RHEL6/CentOS6向けにパッケージされたものを使います。そのため、1つ前のバージョンですが、RHEL6/CentOS6と親和性の高いAmazon Linux AMI 2013.09を利用します。

  • Amazon Linux AMI 2013.09 (amzn-ami-pv-2013.09.2.x86_64-ebs (ami-0d13700c) )
  • Apache HTTP Server 2.2.26
  • Mod_perl 2.0.4
  • OTRS Help Desk 3.3.7

Amazon Linux AMI 2014.03では、Perlのバージョンが5.10から5.16となっている影響もあり、EPELリポジトリより拝借する一部のPerlモジュールが依存関係によりパッケージからインストール出来ません。

簡単インストール手順

Amazon Linuxの起動

AWSマネジメントコンソールから、ami-0d13700cを起動します。

注意するポイントをかいつまんで紹介します。

  1. Step 1: Choose an Amazon Machine Image (AMI)
    1. Community AMIをクリックします
    2. 検索欄にami-0d13700cを入力して絞り込み選択します
  2. Step 3: Configure Instance Details
    1. NetworkやSubnetは環境に合わせて選択します
    2. Advanced Detailsプルダウンを開き、User dataに以下を入力します。
      #cloud-config
      repo_releasever: 2013.09
      repo_upgrade: security

      repo_releasever: 2013.09を指定するのが、この簡単インストール最大のポイントです

  3. Step 6: Configure Security Group
    1. ssh(tcp/22)と http(tcp/80)を許可します

インスタンスが起動できたら、早速SSHで接続してみましょう。Amazon Linuxのログインユーザは、ec2-userとなります。

$ ssh -i <秘密鍵ファイル> ec2-user@ec2-xxx-xxx-xxx-xxx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

OTRS Help DeskのRPMパッケージの取得

OTRSのサイトから、現在の最新版OTRS Help Desk 3.3.7のRPMをダウンロードします *1

$ sudo -s
# cd /usr/local/src
# sudo curl -O http://ftp.otrs.org/pub/otrs//RPMS/rhel/6/otrs-3.3.7-02.noarch.rpm

MySQLサーバのインストールと起動

ローカルホストにMySQLサーバにインストールするしておきます。

DBにAmazon RDSを利用する場合は、あらかじめRDSインスタンスも作成しておきます。

Apache httpd 2.2とmod_perlのインストール

そのまま、OTRSパッケージをインストールすると、依存関係でhttpd24-2.4.9がインストールされますが、httpd 2.4 + mod_perl + OTRSでは、httpd起動時にエラーとなります。 そのため、あらかじめ、httpd 2.2をインストールします。

# yum install httpd mod_perl

OTRS Help Deskのインストール

先ほどダウンロードしたOTRSのRPMパッケージをインストールします。

# yum install otrs-3.3.7-02.noarch.rpm

追加のperlモジュールをインストール

OTRSの動作に必須なモジュールやあると役立つモジュールを追加でインストールします。 CPANでもインストールできますが、AmazonとEPELのリポジトリを使用することとします *2

OTRSに必要なモジュールは、/opt/otrs/bin/otrs.CheckModules.plを実行すると確認できます。

以下のコマンドを実行すると、ワンラインで実行できます。DBにはMySQLを利用することと想定して、他のDB用のDBDはインストールしません。

# yum --enablerepo=epel install -y `./bin/otrs.CheckModules.pl | perl -ne 'next unless m/Not installed/; next if m/(DBD::ODBC|DBD::Oracle|DBD::Pg)/; s/^ +o ([^.]+).*$/"perl($1)"/; print ' | xargs `

再度、/opt/otrs/bin/otrs.CheckModules.plを実行すると、省いたDBD以外は、okとなっていると思います。

Webインストーラからセットアップ

http://<インスタンスのグローバルIP>/otrs/installer.plへアクセスします。

その後の操作は、『【OTRS】オープンソース ヘルプデスクシステム「OTRS」を試す』の初期設定と同様になりますが、データベースは作成していないので、「ステップ2」で「Create a new Database for OTRS」を選択して進めましょう。

まとめ

これで、簡単にインストールまで完了することができました。これ以降の初期設定は別エントリーで紹介していく予定です。

また、上記の手順は、簡単に再現可能なようにChefクックブックなどにまとめて、皆さんに共有していきたいと思います。

脚注

  1. yumコマンドにはURLを直接渡せますが、ダウンロードには比較的時間がかかります。yumコマンドを中断した場合など、最初からやり直すのは時間がかかるため、あらかじめダウンロードしておきます。

  2. Amazon Linuxには、デフォルトでEPELのリポジトリファイルがdisabled状態でインストールされています。