【re:Invent 2019】時間がなくても大丈夫!レジストレーションはマッカラン空港でも可能 #reinvent

ラスベガスからこんにちは、営業部の西羽です。

レジストレーションは空港もオススメ

恐らくメイン会場のVenetianでregistrationをする方が多いかと思いますが、空港はもっとも遅い時間まで窓口が開いています。

また、タクシーやシャトルバス、特にUberですと待ち時間がどうしてもできてしまうので、空港であれば効率的にレジストレーションを済ませ、各会場ですぐにセッション参加が可能になります。

今回はそんなMcCarran International Airportのregistrationのブース箇所をご紹介します。

※メイン会場であるVenetianについての記事はこちら

[re:Invent 2019] 初めての人でも安心。VenetianでのRegistration #reinvent

ゲートからレジストレーションまでの道順

①各ゲートから空港内のコンベアへ

各ゲートからまずは空港内のコンベアへ向かいましょう。

オレンジ色の案内板にBaggageClaim(手荷物受取所)の案内があります。そちらを頼りに、エスカレーターを下るとコンベアに行き着きます。

②BaggageClaimへ

コンベアに乗るとBaggageClaimに到着します。

引き続きオレンジ色の案内板を頼りに、ご自身のスーツケースを回収してください。

③BaggageClaim21へ向かいましょう

空港内のレジストレーションブースはBaggageClaim21の近くにあります。

BaggageClaimの横にはラスベガスらしく、スロットが並んでいました。

④レジストレーションに到着

BaggageClaim21から駐車場方面へ奥に進むと写真のようなレジストレーションブースに到着します。

私は残念ながら0時過ぎに空港に到着したため、レジストレーションをすることはできませんでした。

近くにいたスタッフに確認したところ、初日(12月1日)はそんなに混むことはなかったようでした。

最後に

re:Inventの雰囲気を味わうにはVenetian一択かと思いますが、レジストレーションのみ完了させ、VenetianにはSWAG(特典グッズのこと)の受け取りのみにするのがスムーズかと思います。

実際に私はUberの待ち時間が20分ほどあったので、その間に完了させるのが効率的だと感じました。