Tableau Server 2019.2.2をAmazon Linux 2に構築してみた #tableau

Tableau Server 2019.2.2 をAmazon Linux 2に構築してみました。

TSM(Tableau Services Manager)のWebインターフェイスを利用し、セットアップすることも可能ですが本エントリでは、TSM CLIを利用してセットアップしています。

環境

  • Tableau Server:2019.2.2バージョン
  • AMI:Amazon Linux 2 AMI (HVM), SSD Volume Type - ami-0c3fd0f5d33134a76

前提

  • Tableau Serverを導入するサーバがシステム要件等を満たしていること
  • VPCやEC2等のAWSリソースの構築については割愛しています
    • AWSリソースはこちらのCFnテンプレートを利用しています

目次

TSM のインストールと初期化

Tableau Serverインストール

インストール対象のサーバにログインし、以下のコマンドを実行します。

$ sudo yum -y update
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
Resolving Dependencies

(省略)

Complete!

$ wget https://downloads.tableau.com/esdalt/2019.2.2/tableau-server-2019-2-2.x86_64.rpm -P /tmp
--2019-08-13 02:09:50--  https://downloads.tableau.com/esdalt/2019.2.2/tableau-server-2019-2-2.x86_64.rpm
Resolving downloads.tableau.com (downloads.tableau.com)... 23.76.77.46
(省略)

2019-08-13 02:11:33 (15.1 MB/s) - ‘/tmp/tableau-server-2019-2-2.x86_64.rpm’ saved [1620893032/1620893032]

$ sudo yum -y install /tmp/tableau-server-2019-2-2.x86_64.rpm
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
Examining /tmp/tableau-server-2019-2-2.x86_64.rpm: tableau-server-20192.19.0718.1543-20192-19.0718.1543.x86_64

(省略)

Complete!

TSM初期化

TSMスクリプトが配置されているディレクトリに移動し、TSMを開始します。なお、スクリプトが格納されているディレクトリは、Tableau Serverのバージョンにより異なるのでご注意ください。

$ cd /opt/tableau/tableau_server/packages/scripts.20192.19.0718.1543
$ sudo ./initialize-tsm --accepteula
Creating 'tsmadmin' group for TSM admin authorization
Creating 'tableau' unprivileged user account

(省略)

Done.
$ source /etc/profile.d/tableau_server.sh

Tableau Serverライセンス認証と登録

Tableau Serverライセンス認証

本番環境用にて利用する際はプロダクトキーが必要になりますが、ここでは動作確認を目的としているので、2週間のトライアル版としてライセンス認証を行います。

$ tsm licenses activate -t
Trial activated.

Tableau Server登録

ライセンス認証後は、Tableau Serverを登録する必要があります。以下のコマンドにて登録ファイル(ここではregistration_file.json)を生成します。

$ tsm register --template > /tmp/registration_file.json

以下のファイルが生成されるので、利用情報にあわせて変更します。

/tmp/registration_file.json

{
  "zip" : "1010025",
  "country" : "Japan",
  "city" : "Tokyo",
  "last_name": "Simpson",
  "industry" : "Software & Technology",
  "eula": "yes",
  "title": "Safety Inspection Engineer",
  "phone": "5558675309",
  "company": "Example",
  "state" : "Tokyo",
  "department" : "IT",
  "first_name": "Homer",
  "email": "homer@example.com"
}

ファイルの変更を保存したら、以下のコマンドを実行します。

$ tsm register --file /tmp/registration_file.json
Registration complete.

初期ノード設定

アイデンティティ ストアゲートウェイ設定、およびSampleワークブックのインストールを設定します。ここでは設定が必須なアイデンティティ ストアのみ構成し、その他項目についてはデフォルトのままとしています。

アイデンティティストア設定

アイデンティティ ストアの設定ファイルを作成します。ここでは、Tableau Serverのユーザー認証にActive Directory等の利用は想定しないため、アイデンティティ ストアのタイプにローカルを選択しています。

以下のファイルを作成します。

/tmp/path-to-file.json

{
 "configEntities":{
  "identityStore": {
   "_type": "identityStoreType",
   "type": "local"
   }
  }
}

以下のコマンドでTableau Serverに適用します。

$ tsm settings import -f /tmp/path-to-file.json
$ tsm pending-changes apply
Starting deployments asynchronous job.
Job id is '0', timeout is 10 minutes.
6% - Retrieving the topology to deploy.

(省略)

Successfully deployed nodes with updated configuration and topology version.

Tableau Server の初期化と起動

Tableau Server を初期化して開始するには、以下のコマンドを実行します。少々時間がかかるので気長に待ちましょう。

$ tsm initialize --start-server --request-timeout 1800
Initializing the server...
Job id is '1', timeout is 30 minutes.
3% - Validating that there are no pending changes.

(省略)

Server was initialized successfully.

初期ノード設定確認

TSMのWeb UIへログインする任意のユーザを作成します。

$ sudo useradd hitagi
$ sudo passwd hitagi
Changing password for user hitagi.
New password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.
$ sudo usermod -G tsmadmin -a hitagi

作成したユーザにてTSMのWeb UIへのサインインすると、セットアップが完了していることが確認できます。

管理者アカウントの追加

この時点ではTableau Serverにユーザが存在しないため、初期管理ユーザを作成する必要があります。 任意のユーザ名を指定し、ユーザを作成します。パスワードを入力するよう求めらます。

$ tabcmd initialuser --server localhost:80 --username 'koyomi'
Password:

(省略)

===== Succeeded

確認

Tableau Serverへのアクセスを確認します。

最後に

TSM CLIにてTableau Server 2019.2.2をAmazon Linux 2に構築する手順をご紹介しました。次回はALBを利用したTableau Serverの構成についてご紹介したいと思います。

参考