『Developers.IO 2015』3/29(日) Developers Day ビッグデータ系セッションのお知らせ!! #cmdevio2015

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

cmdevio2015-top

3/27(金)、3/29(日)の2日間開催となる『Developers.IO 2015』。お陰様で参加申し込み状況も好調な感じです。またスポンサー企業様のセッションも続々とその全貌が明らかになって参りました。

そんな中で、弊社『ビッグデータ』案件に携わるメンバーのセッション内容についても先日その内容をリニューアルさせて頂きましたのでそのご報告と新規セッション内容の告知を兼ねて当エントリをドロップしたいと思います。より充実した、トンガった内容となりましたので是非ご参加ください!

目次

 

『カスタマーストーリー』を軸に据えたビッグデータ案件ソリューションの展開

現在弊社では、『カスタマーストーリー』というサービスを展開しています。データ分析基盤に関わる基盤の構築を、 複数社のソリューションと連携しパッケージ化させることで安価に・素早くご提供します。詳しくは下記関連ページをご参照ください。

cs

この『カスタマーストーリー』を展開の軸に据え、関連するプロダクト・サービスに携わっているメンバー達が『ビッグデータチーム』として、日々案件をこなしているのが現在の状況となっております。そんな『ビッグデータチーム』のメンバーが発表を行うトラックがこの『Gトラック(Hakkoda)+1』となる訳です。

 

13:00 - 13:45 / B-1
TableauとAWSでデータ分析環境を構築する際のポイントと落とし穴
(by しんや)

bigdatateam-shinyaa31

クラスメソッド社員なのですが、なぜかスポンサー企業様トラックにて発表する形となっているのは気にしない(・ω・) B-1午後イチのセッションで私の方からお話させて頂きます。テーマはTableauとAWSを絡めたデータ分析環境構築のコツについて。Tableau色が強めで、AWSに関するトピックもちょいちょい入ってくる位の比率になるかと思います。数多くのTableauやRedshiftのブログエントリを書いてきた身として、これまでの案件経験も交えながら色々とご紹介出来ればと思います。

 

13:00 - 13:45 / G-1
EMRでHiveを高速化するには(仮)
(by 能登 諭)

bigdatateam-noto

社内でも最もHadoop/EMRに造形の深い能登からは、『EMRでHiveを高速化するには(仮)』というタイトルで発表させて頂きます。Tezを利用してHiveを高速化出来ないか試してみた結果について報告を行う予定です。

 

14:00 - 14:45 / G-2
AWSで実現する、クラウドネイティブなビッグデータ収集
(by 鈴木 亮)

bigdatateam-suzuki.ryo

鈴木からはKinesisやSNS等のサービスを使った低コスト且つスケール性も備えたデータ収集基盤を実現する方法について解説を行います。昨今IoTやm2m等、大量データの収集システムが注目を浴びていますので、この辺りのトピックに興味のある方は要チェックなセッションとなるのではないでしょうか。

 

15:00 - 15:45 / G-3
Amazon Redshift によるデータ分析基盤の設計とチューニング
(by 石川 覚)

bigdatateam-ishikawa

北海道札幌からは石川も当イベントに参戦、ビッグデータトラックのセッションを担当します。テーマはAmazon Redshiftの基盤構築における設計・チューニングがメインとなります。(※ちなみに当日は私と石川の2人でAmazon RedshiftやTableau Softwareについて話す予定ですが、私の方はTableau成分多め、石川の方がAmazon Redshift多めの内容となる予定です。B-1→G-3と併せて参加されるとより濃い内容となりますのでオススメです)

 

16:00 - 16:45 / G-4
Alteryxのご紹介とデモ(仮)
(by 甲木 洋介)

bigdatateam-katsuki

ビッグデータトラックのトリを飾るのは甲木となります。発表内容は昨年末にパートナーシップ締結を行った"データブレンディング&予測分析ツール"の『Alteryx』に関するもの。データ分析環境整備と併せて、より高度な分析業務をスムーズに行える様になる事はお客様の要望も強い・大きいところとなっています。そんな部分をカバーするツールとしてAlteryxはオススメのプロダクトと言えるでしょう。当日はデモも交えて発表が為される予定です。

 

まとめ

以上、弊社ビッグデータチームによる『Developers.IO 2015』のセッション内容お知らせエントリでした。皆様の当イベント及びビッグデータトラック(+1)のセッション参加、是非是非お待ちしております!