OpenBlocks IoT BX1にシリアル接続する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

OpenBlocks IoT BX1 は給電用USB ケーブルがシリアルケーブルを兼任しています。

今回はMac/Windowsそれぞれからシリアル接続する方法を紹介します。

Mac(GNU Screen)編

Mac からは GNU Screen を使ってシリアル接続します。

$ screen /dev/cu.usbXXXXXXXXXXXXXXXXXX(デバイスによって異なるのでタブキーで候補表示させて入力する) 115200 -L

GNU Screen のライバル?の tmux は残念ながらシリアル接続に対応しておりません。

screen has builtin serial and telnet support; this is bloat and is unlikely to be added to tmux. https://raw.githubusercontent.com/tmux/tmux/master/FAQ

Windows 編

端末エミュレータ

からシリアル接続します。

端末エミューレータの設定

各端末エミュレータは次の表のように設定します。

項目
ボー・レート 115200
データ 8bit
パリティ none
ストップ 1bit
フロー制御 none

デバイスマネージャーからシリアルポートを確認

Windowsのデバイスマネージャーを確認するとOpenBlocks BX1のシリアルポートは「USB Serial Port(COM6)」と表示されていました。端末エミュレータからの接続ではこのポートを利用します。

windows-device-manager

Windows(Tera Term)編

次のスクリーンショットのように設定入力し、接続するだけです。

「ポート(P)」は「COM6」です。

tera-term-openblocks-serial-setting

認識しない時はUSB-シリアル変換ドライバーのインストール

シリアルポートを認識しない場合、ドライバーが正しくインストールされていないことが考えられます。 FT232RでUSB-シリアルの変換を行っているため、 下記サイト(FTDI ltd.)から仮想COMポート(Virtual COM Port/VCP)ドライバーをダウンロードし、インストールします。

http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm

ftdi-chip

Windows(PuTTY)編

次のスクリーンショットのように設定入力し、接続するだけです。

「Serial line to connect to」は「COM6」です。

putty-openblocks-serial-setting

接続確認

OpenBlocks IoT BX1のデフォルトのパスワードは以下です。

  • username : root
  • password : 0BSI0T (ゼロ・ビー・エス・アイ・ゼロ・ティー) または root

シリアル接続すると、ログインを促されます。実際にこのパスワードでログイン認証し、接続してみましょう。

putty-serial-console-login

1文字目の反応が悪いかもしれませんが、SSH 接続と同じように接続出来ました。

USBシリアルの低消費電力設定

USBシリアルの電源は「自動制御」か「常にON」を選択できます。 自動制御に設定すると、低消費電力に移行し、低消費電力時には、シリアルコンソールからのキー入力の最初の1打目を取りこぼします。

シリアルコンソールでの作業中は、常にONに設定しておくのがよいでしょう。

自動制御モードにする

# echo auto > /sys/devices/pci0000:00/0000:00:04.3/power/control

常にONモードにする

# echo on > /sys/devices/pci0000:00/0000:00:04.3/power/control

参照