[iOS 8] ついに来た!全ての健康情報を管理してくれるアプリその名も「ヘルスケア」

89件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

はじめに

今回は、iOS 8の新機能の中でも注目度の高い「ヘルスケア」の紹介をさせていただきます。AppleのiOS 8のサイトには以下のように書かれています。

健康。あなたの健康&フィットネス情報の、全く新しい使い方。

あたらしい健康アプリケーションは、あなたの健康とフィットネスに関するデータを、ダッシュボードに読みやすく表示します。デベロッパのみなさんにはHealthKitという新しいツールを用意しました。これにより、すべての素晴らしい健康アプリケーションやフィットネスプリケーションが連携できるようになり、あなたをさらにしっかりサポートします。健康にあらたな革命が始まります。

ヘルスケアアプリの機能

ヘルスケアには以下の4つの機能が搭載されています

ダッシュボード

ダッシュボードでは、「健康データ」で記録されたデータの表示を行うことができます。以下の画面で、ダッシュボードに表示をONにすれば、ダッシュボードに対象のデータが表示されます。

health1

各カテゴリは以下の色で表示されるので、データの視認性も高くわかりやすいです。

health2

  • バイタル:グレー
  • フィットネス:オレンジ
  • 栄養:緑
  • 結果:水色
  • 睡眠:青
  • 体測定値:黄色

健康データ

健康データは、バイタル、フィットネス、栄養、結果、自分、睡眠、体測定値という項目があり、それぞれにデータを登録することもできますし、HealthKitが使われているアプリと連動することで、自動的にデータが取り込まれる仕組みになっています。

  • 全体
    • 以下の項目全て表示
  • バイタル
    • 血圧
    • 呼吸数
    • 心拍数
    • 体温
  • フィットネス
    • NikeFuel
    • 一日に必要なカロリー
    • 基礎代謝量
    • 距離
    • 上がった階数
    • 歩数
  • 栄養
    • カフェイン
    • カリウム
    • カルシウム
    • クロム
    • コレステロール
    • セレン
    • たんぱく質
    • チアミン
    • ナイアシン
    • ナトリウム
    • パントテン酸
    • ビオチン
    • ビタミンA
    • ビタミンB12
    • ビタミンB2
    • ビタミンB6
    • ビタミンC
    • ビタミンD
    • ビタミンE
    • ビタミンK
    • マグネシウム
    • マンガン
    • モリブデン
    • ヨウ素
    • りん
    • 亜鉛
    • 一価不飽和脂肪酸
    • 塩化物
    • 食物繊維
    • 摂取カロリー
    • 総脂肪
    • 多価不飽和脂肪酸
    • 炭水化物
    • 糖分
    • 飽和脂肪酸
    • 葉酸
  • 結果
    • 1秒努力性肺活量
    • 吸入器の使用状況
    • 血中アルコール濃度
    • 血糖値
    • 最大呼気速度
    • 酸素飽和度
    • 努力性肺活量
    • 倒れた階数
    • 皮膚電位
    • 微小循環指標
  • 自分
    • 生年月日
    • 生物学的性別
    • 血液型
  • 睡眠
    • 睡眠分析
  • 体測定値
    • ボディマス指数(BMI)
    • 除脂肪体重(LBM)
    • 身長
    • 体脂肪率
    • 体重

ソース

HealthKitを利用してどのアプリと連動しているかが表示されます。

health3

メディカルID

 メディカルIDは、自分の健康情報を登録しておくことで、万が一の時のために利用できます。ロック中に表示をONすることで、ロック画面からも表示できるようになります。

メディカルIDの編集画面。

health4

 

以下の情報を入力することができます。

  • 緊急時のアクセス:ロック画面に表示
  • 氏名
  • 生年月日
  • 病状
  • 医療メモt
  • アレルギーと反応
  • 薬物治療
  • 緊急連絡先
  • 血液型
  • ぞう的提供者
  • 体重
  • 身長

メティカルIDの表示

登録したメディカルIDですが、緊急時のアクセスをONにしておけば、緊急時に確認することができます。

health5

health6

メディカルIDをタップするとメディカルIDで登録した情報を閲覧することができます。

health7

まとめ

ヘルスケアアプリでどのようなことができるようになるのか?正直まだ全貌は把握できていません。メディカルIDは個人情報満載なので、端末などを落とした場合など気をつける必要がありますが、これを公開していることにより、万が一があった時に助かる確率が上がるかもしれません。最近は、加齢を感じることも多くなってきており、食生活なども気をつけながら万が一のことを考えて、私は登録して公開するように設定しておきたいと思います。