[iOS 8] 気をつけておきたい!iPhone & iOSの表記について

はじめに

こんにちは、おおはしりきたけです。iPhone 6の発表が行われ、iOS 8もリリースされました!皆さんいかがお過ごしでしょうか。iOS 7の時も書きましたが、皆さんiOSとかiPhoneとかの表記の規則知っていますか?今年も改めまして、表記について書かせていただきたいと思います。

iPhone 6 & iPhone 6 Plus

iPhone 6が発売されることになり、iPhoneのナンバーシリーズは益々増えていきました。しかも今回はPlusという新しい端末も発表されました。

まずは、「iPhone」については、Pのみ大文字になります。ここまでは、皆さん間違えることが少ないと思います。次にバージョン番号が来ます。ここが注意点です。iPhoneとバージョンの間には半角スペースが入ります。そして更に注意点です。

注意点は以下

  • Pは大文字
  • バージョンの前は半角スペース
  • PlusのPは大文字

iOS 8-notation1

iPhone6plusnotation

 

iOS

続きましてiOSになります。iOSの表記は以下になります。

まずは、「iOS」については、iは小文字でOSが大文字となります。こちらも皆さん間違えないと思います。そして、iPhone同様にバージョン番号がきます。iOSとバージョン番号の間には半角スペースが入ります。iOSのwikipediaに書かれていましたが、iOS(アイオーエス)と呼ばれるようになったのはバージョン4.0からで、それまでは、iPhone OS(アイフォーン オーエス)と呼ばれていました。

注意点は以下

  • OSが大文字
  • バージョン番号の前は半角スペース
  • iOSと呼ぶのはバージョン4.0以上

iOS-8-notation2-640x480-2

Xcode

iPhone、iOSについては前回も書かせていただきました。今年は、開発者の必須ツールであるXcodeについて書いてみたいともいます。

まずは、「Xcode」については、Xが大文字でそれ以降小文字となります。こちらも皆さん間違えないと思います。そして、iPhone同様にバージョン番号がきます。Xcodeとバージョン番号の間には半角スペースが入ります。

注意点は以下

  • Xが大文字
  • バージョン番号の前は半角スペース
  • iOSと呼ぶのはバージョン4.0以上

iOS 8-notation3

その他

その他の表記も見て行きましょう。

iPad

  • Pのみ大文字
  • バージョン番号が付いているのは2のみ
  • 2014年9月時点で発売されている最新のiPadの正式名称はiPad Air
  • miniは全て小文字
  • iPadの後は半角スペース(iPad 2、iPad (第4世代)、iPad Air、iPad mini など)

App Store

  • AppはAのみ大文字
  • AppとStoreの間は半角スペース
  • StoreはSのみ大文字

Swift

  • Sのみ大文字

Apple Watch

  • AppleのAのみ大文字
  • WatchはWのみ大文字
  • AppleとWatchの間は半角スペース

まとめ

iOS 7特集でも書かせていただいた表記についてですが、今回も記事にしました。営業も開発者もiOSやiPhoneという文字を書くことが多いと思いますが、ちゃんとした表記方法があるので、今後のブログや仕事でも表記をしていきましょう。