[iOS 8] SpriteKit でミニゲームをつくる #10 ランダム関数

ランダム関数

ゲームの仕様として、2種類のペンギン(アデリー、イワトビ)の内どちらかがランダムに画面上部から落下してくる、というのがあります。
SpriteKitの機能というわけではありませんが、ここでランダム関数を確認しておこうと思います。

ランダムな数を発生させるには、rand()random()arc4random()arc4random_uniform(UInt32) などがありますが、 rand()random() は、それぞれ srand()srandom()でシードをセットする処理が必要になってくるため、若干手間のかからない arc4random()arc4random_uniform(UInt32) を使います。

試しに arc4random() を10回走らせるとこんな感じ。

for i in 0..<10 { println("arc4random_\(i):\(arc4random())") } [/swift] [text] arc4random_0:4199841856 arc4random_1:982199331 arc4random_2:1797991761 arc4random_3:395887259 arc4random_4:3788158969 arc4random_5:973609756 arc4random_6:1334408883 arc4random_7:1636017960 arc4random_8:1423450227 arc4random_9:4112587965 [/text]

試しに arc4random_uniform() を10回走らせるとこんな感じ。

for i in 0..<10 { println("arc4random_uniform_\(i):\(arc4random_uniform(100))") } [/swift] [text] arc4random_uniform_0:50 arc4random_uniform_1:16 arc4random_uniform_2:96 arc4random_uniform_3:23 arc4random_uniform_4:55 arc4random_uniform_5:44 arc4random_uniform_6:96 arc4random_uniform_7:93 arc4random_uniform_8:19 arc4random_uniform_9:21 [/text]

引数に「100」を与えているので、0〜99の範囲からランダムに整数を取得できます。

次回へつづく。ではでは。

完成品はこちら。つみペンギン
つみペンギン stack_penguin_qrcode

姉妹品はこちら。ペンギン陸上-スプリント-
ペンギン陸上-スプリント- athlete_penguin_sprint_qrcode