[iOS 8] WebKit Frameworkってなに?

WebKit Framework

iOS 8 より新たに追加された WebKit Framework

WebKit Framework については、公式サイトの WebKit Framework Reference で公開されているので、概要についてはご存知の方も多いと思いますが、私のざっくりと以下のように認識してました。

  • UIWebView に取って代わるもの
  • Web ページロード中のプログレスが取得できるようになった
  • 表示中の Web ページのタイトル・URLが取得できるようになった
  • Safari のような閲覧履歴が使えるようになった
  • Safari 同様、フリックでの戻る・進む操作が可能になった
  • JavaScript とのやりとりが何やら強化された

UIWebView に取って代わるもの

実際に動かしてみた感想としては、WebKit Framework は UIWebView の上位互換的なもの、といった感じです。

実際、WebKit Framework で新しく追加された WKWebView は プロパティやメソッドなど UIWebView とかなり似た構成になっています(UIWebView とは全く別物ですが)。

ですので、今まで UIWebView を利用していた箇所、特に、アプリ内で Web ページを全画面表示しているような箇所があれば、WebKit Framework をわりとそのまま使えるのではないでしょうか。

Web ページロード中のプログレスが取得できるようになった

ios8-webkit-intro-1

UIWebView では、Web ページロード中のプログレスを取得する口が用意されていないため、自前で実装するには結構苦労します。

私の場合、UIWebView でこれを実現する場合、ninjinkun/NJKWebViewProgress のような非常に強力な OSS を利用して対応していたりしていました。

WebKit Framework では WKWebView クラスの estimatedProgress プロパティより Web ページロード中のプログレスが取得できるようになりました。

ちなみに取得できる値は、0.0 〜 1.0 の double 型の値です。

ていうか、なんで今まで標準でなかったんでしょう?


表示中の Web ページのタイトル・URLが取得できるようになった

これもなんで今まで標準でなかったのか不思議ですが、WebKit Framework では Web ページのタイトルが取得できるようになりました。

WKWebView クラスの title プロパティや URL プロパティで取得できます。

ちなみに今までは、UIWebViewで表示中のURL、titleを取得する: iPhoneアプリ開発備忘録で紹介されているように、

NSString* title = [webView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:@"document.title"];

やら、

NSString* url = [webView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:@"document.URL"];

やら UIWebView 介し JS を実行して取得していました(めんどいでしょ)。

これが、

webView.title
webView.URL

で取得できるようになりました。普通になりました。

Safari のような閲覧履歴が使えるようになった

ios8-webkit-intro-2

タイトル通りですが、Safari のような閲覧履歴が使えるようになりました。

WebView 内で行なった閲覧履歴を勝手に管理してくれます。 閲覧履歴は WKWebView クラスの backForwardList で取得できます。

また、backForwardListWebKit FrameworkWKBackForwardList クラスとWKBackForwardListItem で構成されており、これらのクラスによって現在のページや、前・次のページなどへ非常に簡単にアクセスできるようになっております。

これの詳細な解説は後ほど。


Safari 同様、フリックでの戻る・進む操作が可能になった

ios8-webkit-intro-3

タイトル通りですが、Safari 同様、フリックでの戻る・進む操作が可能になりました。

それだけですし、今のところ必要な場面に直面していないので、なんとも言えないのですが、UIWebView でこれやろうとするとちょっと「え〜」ってなりそうですね。

まぁよかった!


JavaScript とのやりとりが何やら強化された

正直、まだ詳細な内容については追いきれてないのですが、WebKit Framework では何やら JavaScript とのやりとりが強化された模様です。

公式ドキュメントにある

  • WKUserScript
  • WKScriptMessage

あたりが恐らくそれでしょう。これも詳細は後ほど(使ってみないとわからないw)。

WebKit Framework を使った簡易 Web ブラウザー

というわけで、ざっくり概要というか要点を説明した上で、これらの機能を使って 簡単な Web ブラウザー をアプリで実現したサンプルプロジェクトを作成しました。サンプルプロジェクトは以下からダウンロードできます。

hirai-yuki/WebBrowserSample

尚、このサンプルプロジェクトでは CocoaPods を利用しているので、 pod install を実行してからサンプルプロジェクトを実行してください。

次回は、このサンプルプロジェクトを利用して、解説を進めて行きたいと思います!