node.jsのいろいろなモジュール21 – mkdirpでディレクトリ作成

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

シンプルだけどいろいろ使われてるモジュール

シンプルにディレクトリを作成するためのモジュールで、mkdir -pコマンドを実行するのと同じです。
いろんなところで使わてる人気モジュールみたいです。

環境構築方法

今回使用した動作環境は以下のとおりです。

  • OS : MacOS X 10.7.4
  • Node.js : v0.8.15
  • npm : 1.1.66

適当なディレクトリを作成し、そこでnpmを使用してモジュールをインストールします。

% mkdir mkdirp
% cd mkdirp
% npm install mkdirp
% touch app.js

サンプル作成

mkdirpをつかってみましょう。
モジュールをrequireして、第1引数に作成したいディレクトリのパス、第2引数にコールバック関数を指定するだけです。

var mkdirp = require('mkdirp');

mkdirp('./pathf/your/dir', function (err) {
    if (err) {
     console.error(err)
    } else {
     console.log('success')
    }
});

動かしてみると、指定したディレクトリ階層ができてますね。簡単です。
正確なシンタックスは「mkdirp(<ディレクトリパス>, <モード>, <コールバック>)」になってます。
モードは作成するディレクトリに付与するパーミッションで、デフォルトでは0777になってます。
また、同期APIで実行したい場合、sync関数を使用します。
シンタックスは「mkdirp.sync(<ディレクトリパス>, <モード>)」です。

参考サイトなど