node.jsのいろいろなモジュール27 – pithy.jsでHTMLを生成

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

HTMLを生成するためのモジュール

pithy.jsとは、JavascriptでHTMLを生成するための機能を持つモジュールです。
とても手軽にHTMLを生成することができます。

環境構築方法

今回使用した動作環境は以下のとおりです。

  • OS : MacOS X 10.7.5
  • Node.js : v0.10.0
  • npm : 1.2.14

npmを使用してpithy.jsをインストールします。

% mkdir pithy
% cd pithy
% npm install pithy

これでrequire('pithy')とすれば使えるはずなのですが、私の環境ではモジュールが見つからないとのエラーがでてしまいました。
モジュールの構成がおかしいのかなんなのか・・・・
とりあえず今回は、node_modules/pithy/lib/pithy.jsをカレントディレクトリにコピーして使います。

使ってみる

ではHTMLを生成してみましょう。
モジュールを読み込んで、それに対して生成したいHTMLタグの関数に値を渡します。

var html = require('./pithy'); //カレントにあるpithy.jsをrequireする
var str = html.div('#main', [
    html.h1(null, 'Hello, pithy.js!'),
    html.img({src: 'myImage.jpg'})
]);
console.log(str.toString());

上記プログラムを実行すると、次のようなHTML文字列が生成されます。

<div id="main"><h1>Hello, pithy.js!</h1><img src="myImage.jpg"/></div>

まとめ

今回はHTMLを生成するためのライブラリ、pithy.jsについて紹介しました。
文字列を連結してがんばってHTMLをつくっている場合、このモジュールを使えばシンプルになると思います。

参考サイトなど