[Apple Watch アプリ開発] #1 シミュレータを起動する方法

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Apple Watch

はじめに

いよいよ発売が間近に迫ってきた Apple Watch。
テンション上がってきた。

発売に先駆けて、Apple Watch の開発手順を実践形式でまとめてみたいと思います。
手探りで色々やっていきましょう!

Apple Watch の基本情報については、こちらの記事をご覧ください。
Apple Watch について細かく書かれており、一読すれば理解が更に深まります。

iOS Simulator (Apple Watch) の起動

まずはじめは、シミュレータで Apple Watch の画面を表示する手順をお伝えします。
だいたい画像です。

手順

wk1-1

wk1-2

wk1-3

wk1-4

wk1-5

wk1-6

wk1-7

wk1-8

wk1-9

wk1-10

wk1-11

以上がシミュレータを起動するための手順です。

まとめ

Apple Watch シミュレータの起動方法は以下のとおりです。

  • iOS Simulator の Hardware - External Displays - Apple Watch - 38/42 mmを選択する
  • Xcode のスキームがWatchKit Appになっている状態でRunを実行する

開発中は画面の大きい42mmを選択するのがいいんじゃないかと思います。
テスト時は38mmでもしっかり確認しましょう。

次回からは WatchKit の UI コンポーネントをさわって、少しずつコードを書いてみたいと思います。

  • disqus_ZH6UF0oVzw

    スゴーイデスネ!!!!