[iOS 10] Apple Payのテスターアカウントの作成

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Apple Pay

こんにちは!
モバイルアプリサービス部の田中孝明です。

iPhone 6以降、iOS端末にNFCが搭載され、iPhone 7では遂にFelicaに対応するなど、iOSにおけるNFCの環境は激変しつつあります。

海外ではApple Payが既に導入されていますが、日本では試験導入程度で、まだまだ普及には時間がかかると思います。

しかし今後確実に案件で投入される可能性もありますので、今のうちにいろいろ準備しておきましょう!

Apple Pay Enhancements

iOS 10にて、Apple Pay関連の機能が強化されました。
What's New in iOSの「Apple Pay Enhancements」の項目を見ますと、iOS 10から提供されているAPIを使うことで、iOSとwatchOSを使ったApple Payでの決済を提供されています。

その中の一文でiOS 10では、デバイス上でテストカードを使用可能にするテスト環境が提供されていることが紹介されています。
今回はそのテスト環境への登録方法を記載したいと思います。

Create a Sandbox Tester Account

iTunes Connectにログインし、「ユーザと役割」を選択します。

applepay0

Sandboxテスターを選択し+ボタンをタップします。

applepay1

テスターに任意の情報を追加します。
既にiTunes Storeに登録されているアカウントは使用できませんので、新しくテスト用のアカウントを指定します。
applepay2

テストユーザーの作成に成功すると以下の画面になります。

applepay03
上記のアカウントを使ってテストを行うiOS端末のiCloudにログインすることでテスト環境に接続することができます。
applepay4

まとめ

Apple Payの実装方法についてはEmporium: A Simple Shopping Experience with Apple Payにサンプルが提供されています。
今回はテスト環境にユーザーを作っただけですが、今後サンプルを参考にしてテスト環境で実際に購入処理が行えるまでをやってみたいと思います。
applepay5

参考文献

Apple Pay on the Web
Emporium: A Simple Shopping Experience with Apple Pay