[iOS] ユーザーデータアクセス要求アラートを再表示させる方法について

はじめに

こんにちは。モバイルアプリサービス部の平屋です。

本記事ではユーザーデータアクセス要求時に表示されるアラートを再表示させる方法を紹介します。

検証環境

  • Xcode Version 8.2
  • iPhone 6s, iOS 10.2.1

アラート

「フォトライブラリ」や「カレンダー」などのユーザーデータへアクセスを要求すると、以下のようなアラートが表示されます。このアラートは、はじめてアクセスを要求した時に表示されます。

ios10-resetting-privacy-settings-1

アラート再表示手順

プライバシーに関する設定をリセットすることによって、アラートを再表示できます。

標準の設定アプリ -> 一般 -> リセットを表示し、「位置情報とプライバシーをリセット」をタップします。

ios10-resetting-privacy-settings-2

必要に応じてパスコード/Touch ID認証を行います。

ios10-resetting-privacy-settings-3

「設定をリセット」をタップします。以上で完了です。

ios10-resetting-privacy-settings-4

おまけ

iOS 6.1.3が入った端末でも確認してみましたが、「位置情報とプライバシーをリセット」項目はありました。

結構昔からあるんですね。

ios10-resetting-privacy-settings-5

さいごに

本記事では、ユーザーデータアクセス要求アラートを再表示させる方法を紹介しました。

iOS 10から必須になった「ユーザーデータへのアクセス目的」の文字列の表示を確認したり、アクセス要求フローの動きを確認したりする時に役に立ちそうです。

参考資料

以下のTechnical Q&Aを参考にしました。iOSシミュレータやmacOSでアラート(ダイアログ)を再表示させる方法なども載っています。

プライバシー設定まわりのiOS 10での変更点については、以下の記事で紹介しています。