[イベントレポート] fastlane勉強会 vol1 にチョットワカルメンターとして参加しました! #fastlane_study_jp

はじめに

おばんです、ガレットという自主制作百合コミック誌を買いました。「尊さ」を感じに行こうと思います田中です。

IMG_8199

今回の記事は2/22(火)、Origamiさんの会場を借りてのfastlane勉強会 vol1のイベントレポートになります!

IMG_1608

第1回は初中級者向けハンズオン!

記念すべき1回目は、初中級者向けハンズオンを行います! fastlaneの概要や導入によるメリット、fastlaneの実際の導入事例を紹介し、その後は全員ハンズオンを行います。 今回のハンズオンでは、fastlaneをまだ導入していない人に向けて アプリのアーカイブ&配布の自動化について、以下のリポジトリをサンプルとして進めていきます。 https://github.com/nerd0geek1/fastlane-study-vol1

それ以外に、fastlaneを用いたiTunes Connectへのメタデータの一括アップロードなど、 業務ですぐに使えるfastlaneの使い方も紹介する予定です。

connpass より引用

セッション・概要紹介

fastlaneを導入するとなにが良いのか、導入してみた所感などを紹介いただきました!

「fastlaneとは?fastlane導入のメリット」 主催、kohei_tabataさんより

「fastlaneを導入してみた話」 りばーすさんより

ハンズオン

ハンズオンは以下のサンプルとREADMEの教材を元に進めました。

vol1は以下の内容についてに触れていきました。

  • fastlaneのインストール方法
  • ipaファイルの生成を行ってくれるgymコマンドの使い方
  • fastlaneでdeploygateを使ってアプリをテスト配信をする方法

rbenv, ruby, bundlerのインストールから始めても、当日にdeploygateの配信までいけました!それくらいカンタン!

懇親会

運営を支えていただいたOrigamiさん曰く、「今回のケータリングはbento.jpさんに頼みました。企業向けに弁当販売もやっててOriagmi Payも使えるので良いですよ。」とのことでした。Origami Pay、積極的に使っていこう。

IMG_9750

IMG_0363

まとめ

fastlaneを使うと何が良いかの紹介から、実際にfastlaneを使ってアプリのテスト配信を行うところまで行いました。

個人的にはセッションで説明のあった、実際のプロジェクトで扱われているFastfileの紹介がとても参考になりました。また、ハンズオンで扱ったgymコマンドとdeploygateコマンドを使ったベータ配信も簡単なので、チョットワカルメンターの自分も今後使っていこうと思いました!

fastlane勉強会は今後とも開催していきます。もしご興味ある方は気兼ねなくいらっしゃってください!

16830841_1290319861034257_2134063113790135212_n