Appleの新しいUI構築フレームワーク「SwiftUI」を学ぶための教材まとめ #WWDC19

678件のシェア(とっても話題の記事)

SwiftUI はWWDC 2019のキーノートで発表された iOS/MacアプリなどのUIを構築するためのフレームワーク です。デベロッパーフレンドリーなコーディング&直感的なデザインツールの組み合わせで、超簡単にUIを構築できる特長があります。例えばこんな感じです。

import SwiftUI

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Turtle Rock")
            .font(.title)
            .color(.green)
    }
}

struct ContentView_Preview: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        ContentView()
    }
}

これまで以上に簡単にUIが構築できることから、発表後iOSエンジニア界隈ではバズワードになっています。

SwiftUIが発表された直後からAppleの公式チュートリアルなどが公開されていますので、SwiftUIを学ぶ教材という観点で、どのようなコンテンツが提供されているかまとめてみたいと思います。

スクロールしながら読むだけでガッツリ学べる「SwiftUI Tutorials」

まずは何も考えず、このチュートリアルをスクロールしながら眺めてください。

ページスクロールに応じてスクリーンショットとコードが自動的に切り替わりながら表示されるので 解説を読まずしてUI構築の流れが学べてしまいます。 まさに忙しい人のためのSwiftUI!

現在、以下の解説ページが公開されています。

Viewの作成と組み合わせ

各Viewの扱い方と、View同士の組み合わせでカスタムViewを作る方法などが学べます。

リストとナビゲーションの構築

複数個のデータをリスト表示させる方法と、いわゆるMaster - Detail構成のナビゲーション遷移を作る方法が学べます。

ユーザー操作のハンドリング

お気に入りやフィルタリングといった機能をテーマとしながら、ユーザー操作イベントをハンドリングし処理を行うための方法が学べます。

パスとシェイプの描画

パスをつなぎ合わせて画像を描画する方法が学べます。

ビューと遷移のアニメーション

UIAnimationのように、ビューにアニメーションを加えるための方法が学べます。

複雑なインターフェースの作成

「横スクロール可能なリストを複数個縦に並べる」などといった、少し複雑なインターフェースを構築する方法が学べます。

UIコントロールの操作

データバインディング の機能を使いながら、データを元にUIコントロールを制御するための方法が学べます。

UIKitとのインターフェース

SwiftUIはこれまで提供されてきたUIコンポーネントを全てサポートしているわけではないので、ページコントロールなど一部UIコンポーネントは既存のUIKitを組み合わせて使う必要があります。UIKitを使いながらUIを構築するための方法が学べます。

セッションビデオをチェックするための準備をしておこう

WWDC 2019のSwiftUI関連のセッションの一覧がすでにリストアップされており、こちらから徐々にセッション動画がアップロードされていく予定です。

現在はまだ行われていないセッションが多いため、セッションが終わり次第こちらにアップロードされます。すぐキャッチアップできるよう抑えておきましょう。

まとめ

チュートリアルがよくできているため、何ができるかはチュートリアルを読むだけでかなり学ぶことができます。ぜひチェックしていきましょう。