[Swift Playgrounds] – Swift Playgroundsことはじめ – 全体紹介編

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

おばんです、最近コイケヤから出ている「かりんこーん きなこ味」というお菓子にハマっている田中です。うまいです。

iPad Pro Swift Playgroundsアプリの紹介をしていきます。

IMG_0064

Swift Playgroundsとは?

Swift PlaygroundsはWWDC 2016で発表されたSwiftの教育・学習用アプリです。 iPad Pro上でのみ動作するプログラミング言語・Swiftのコードを書くことができ、そのままiPad Pro上で実行することができます。

なにができるの?

IMG_0041

iPad Pro上でSwiftを書くことができます。 iOS開発に使われるUIKitをはじめとする各種フレームワーク群もこのSwift Playgrounds上で使用することができます。 Viewを表示することも、アニメーションをつけることも、タップを検知することもできます。

またコードを書く機能のほかにも画面の録画やスクリーンショットを撮ることができたり、書いたコードを共有する機能も充実しています。

Appleからの配布コンテンツ

Learn to Code

Learn to CodeはSwift Playgroundsに入っているコンテンツの一つで、「Byte」というキャラクターを動かすためのSwiftで書かれたコマンドを使ってパズルを解きながらプログラミング学習をするというものです。

14424238_1119701708114898_461263982_o

Shapes

ShapesはSwift Playgroundsに入っているコンテンツの一つで、図形の描画・タッチ・アニメーションに関するサンプルが紹介されているものです。

IMG_0059

Drawing Sounds

Drawing SoundsはSwift Playgroundsに入っているコンテンツの一つで、すでに書かれているソースコードを書き換えることで音や楽器を作り出すというものです。

IMG_0060

Blink

BlinkはSwift Playgroundsに入っているコンテンツの一つで、コンウェイのライフゲームを通してアルゴリズムについて学び、最終的には自分自身で考えたルールを作り出し、その通りにシミュレーションをすることを目的としたものです。

14456680_1119701374781598_802640232_o

まとめ

iPadでSwiftが書けるのは新しい体験だと思いました。
「ゆうてMacでXcode書けば同じでしょ」と思ってるそこのあなたにこそ是非体験してみてほしいです。
実際SwiftはXcodeで書けますが、なんとも形容しがたい楽しさがあると思いましたw
サンプルとして提供されているコンテンツもプログラミング学習をするのに適した良いものでしたので、ぜひお試しください。