[Xcode 8.2] 年末なので Xcode まわりの不要ファイルを一掃してみた

174件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは。モバイルアプリサービス部の平屋です。

本記事では、Xcode を使い続けるうちに増えてしまうファイルの内容や保存場所を紹介します。

各保存場所に「古い OS のサポートファイル」や「使用していないプロジェクト用のファイル」などの不要ファイルあれば、本当に削除しても問題ないかを確認した上で削除してしまいましょう!

今回、不要ファイル削除を試してみたところ、合計約 76 GB のファイルを削除することができました。

検証環境

  • macOS Sierra 10.12.1(16B2555)
  • Xcode Version 8.2 (8C38)

目次

Device Support

内容

  • 実機デバッグを行うために必要なファイル
  • Xcode を起動した状態で実機を接続すると生成される

場所

  • iOS
    • ~/Library/Developer/Xcode/iOS DeviceSupport/
  • watchOS
    • ~/Library/Developer/Xcode/watchOS DeviceSupport/

結果

  • iOS
    • 57.87 GB 削減
  • watchOS
    • 0.5 GB 削減

Derived Data

内容

  • プロジェクトのインデックスやビルド時の生成物、ログなど
  • プロジェクトごとに作成される
  • 削除すると、再びプロジェクトを開いた際に再生成される

場所

  • ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData

結果

  • 7.15 GB 削減

Archives

内容

  • Product -> Archive 実行時に作成されるファイル

場所

  • ~/Library/Developer/Xcode/Archives

結果

  • 2.19 GB 削減

Simulator Apps

内容

  • シミュレータ上にインストールしたアプリや設定
    • アプリの数が多いと、ディスク容量を消費する
  • simctl (シミュレータの制御ツール) を使用すれば、アプリや設定を削除できる
    • 手順
      1. シミュレータを終了する
      2. ターミナルで $ xcrun simctl erase all を実行
      3. しばらく待つと処理が完了する

場所

  • /Users/hirayashingo/Library/Developer/CoreSimulator/Devices

結果

  • 7.18 GB 削減

Document

内容

  • SDK のドキュメント等

場所

  • ~/Library/Developer/Shared/Documentation/DocSets

結果

  • 1.75 GB 削減

Device Logs

内容

  • デバイスログ

場所

  • ~/Library/Developer/Xcode/iOS Device Logs

結果

  • 0.03 GB 削減

さいごに

本記事では、Xcode を使い続けるうちに増えてしまうファイルの内容や保存場所を紹介しました。

アプリ開発用 Mac のストレージを整理する際の参考になれば幸いです!

参考資料