[レポート] Ansible Night in Tokyo #ansiblejp

こんにちは、坂巻です。

先日、Ansibleユーザー会主催のイベント、
Ansible Night in Tokyo 2018.04に参加してきました。

LTセッションについてレポートします。

目次

  • Ansible Roleを継続的に自動アップデートする
  • Junosモジュールのコネクションタイプの使い分け
  • Ansibleを使用したWindows管理
  • AnsibleとStackStormでつくるChatOps環境
  • Windowsのcp932に苦闘している

Ansible Roleを継続的に自動アップデートする

登壇者 :chrojuさん

  • Roleを利用したPlayBookを使い回していると管理が大変
  • Roleの更新をPlayBookにどう反映するのか
    • 継続的自動的にアップデート
      • 更新確認用のブランチにcheckout
      • installしているroleの更新を確認
      • 更新があればupdate
      • updata後にserverspec等テストを回す
      • テストが通ったらJenkinsからPR
      • 結果をslackに通知
  • Roleの継続的自動的アップデートでいい方法が知りたい

Junosモジュールのコネクションタイプの使い分け

登壇者 :akira6592さん

  • Ansible2.5でネットワークモジュール向けに、2つのコネクションタイプが追加された
    • netconf
    • network_cli
  • コネクションタイプの特徴
    • netconf
      • プロトコル…XML over SSH
      • 対応モジュール…ほぼ全て(junos_netconf以外)
    • network_cli
      • プロトコル…SSH
      • 対応モジュール…junos_command、junos_netconfのみ
  • Junosモジュールをどう使い分けるか
    • 基本はnetconfを利用(対応モジュールが多く、設定も参照も可能)
    • network_cliは奥の手の位置付け(古いJunosでnetconfが使えない時の回避策)

Ansibleを使用したWindows管理

  • この作業にうんざりしていませんか
    • Excel方眼紙の構築手順書
    • Excel方眼紙のエビデンス
  • 役割と機能の追加をGUIからやると作業が多い
    • Ansibleで楽に効率よくやろう
  • WindowsモジュールがAnsible1.7から増えている
  • Ansibleモジュールの歴史をまとめている

AnsibleとStackStormでつくるChatOps環境

登壇者 :katsuhisa_さん

  • 障害アラートでChatと作業環境を行き来していないか?
  • すぐに状況確認して、すぐに実行結果を共有したくないか?
    • StackStormで可能
  • StackStormはシステム運用のためのIFTTT(イフト)
  • AnsibleとStackStormを使えば、楽しいChatOpsライフが送れる

Windowsのcp932に苦闘している

登壇者 :Hidetoshi Hirokawaさん

  • 今はWindowsもデフォルトモジュールで、だいたい何でもできる
  • CP932(Shift-JIS)が大きな問題
  • win_commandからコマンド(例:ipconfig)を叩くと文字化けする
    • 原因
    • AnsibleはPowerShellセッションをUTF-8で開く
    • 対策
    • 涙を飲んでRAWをつかう
    • WIN_SHELLを使ってNKFをかます
    • win_commandモジュールをカスタマイズする
  • カスタムwin_commandモジュールを開発中

感想

改めてAnsibleの適用範囲が広いと感じました。
個人的にはStackStormを利用して、ChatOps環境をつくってみたいと思いました。

余談ですが、ノベルティでAnsibleのロゴが入った水筒をいただき大満足です。

次回のAnsibleユーザー会にも参加したいと思います!