【書籍制作ワークフロー】ReVIEW 入門 #04 – PDF を生成してみる

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

前回アッサリと ePUB の生成に成功しました。今回も同じようなノリで PDF の生成をやってみるとします。

PDF を生成してみる

こちらも ePUB と同じく、以下のコマンド一発を実行するだけで OK です。

bundle exec review-pdfmaker config.yml
compiling preface.tex
compiling ch01.tex
compiling ch02.tex
sh: extractbb: command not found
sh: extractbb: command not found
・・・

と思ったら壮大にエラーが出ました

どうやらReVIEW から PDF を生成するには TeX 環境を用意しなくてはならないようです。ググってみましたが、どうも TeX 関連はまとまりに欠けた情報ばかりで戸惑いましたが、最終的に以下に紹介する方法で構築するに至りました。

Step.1) Ghostscipt をインストール

ghostscript logo

Ghostscript とは、PostScript や Portable Document Format (PDF) などアドビシステムズのページ記述言語用のインタプリタおよび、それを元にしたソフトウェアパッケージのことです。

Homebrew からインストールします。

$ brew install ghostscript

Step.2) ImageMagick をインストール

ImageMagick logo

ImageMagick とは、画像を操作したり表示したりするためのソフトウェアスイートです。GIFJPEGJPEG 2000PNGPDFPhoto CDTIFFDPXなど100種類以上の画像ファイルフォーマットに対応しています。

こちらも Homebrew からインストール。

$ brew install imagemagick

Step.3) MacTeX をインストール

MacTex

MacTeX(マックテフ)は、OS X 用の TEX ディストリビューションであり、組版処理ソフトである TEX を使うための標準的なファイル一式がまとめられています。

以下のサイトよりインストーラをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラを起動します。

cap-mactex_install1

ここでカスタマイズを選択

cap-mactex_install2

インストールするパッケージを選択するわけですが、TeXLive-2012のみを選択します。

cap-mactex_install3

そしてインストール処理を実行します。終了したら準備は完了です。では再度PDF生成を試みます。

$ bundle exec review-pdfmaker config.yml
compiling sample.tex
・
・
・
128050 bytes written

今度はうまく行ったようです。ディレクトリ内に PDF ファイルが生成されています。

cap-pdf_dir2

参考サイト