Windows 10 上にUbuntu18.04をインストールしPython3を実行するまで(Windows Subsystem for Linux)

95件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、AWS事業部 梶原大使(ambasad)です。

先日、Pythonの3系の環境が必要になったのですが なぜか、普段使用しているWSLのUbuntu(16.04)にPython3.6がインストールできず にもんどりうっていたところ
WSL(Windows Subsystem for Linux)に新しいUbuntu 18.04 がリリースされたとの情報を教えて頂きインストールを実施しました。 先人たちの知恵をかりつつ、さくさくインストールしていきます。

環境

OS: Windows 10 Pro バージョン:1709
WSL上のUbuntu : Ubuntu 18.04
※要ブロードバンド(合計で200MB超ダウンロードされます)

WSLの有効化

Windowsのバージョンによっては有効になっているかもしれませんが、確認して無効になっている場合は有効にします。必要に応じて再起動を実施します。 GUI,PowerSehll好きな手順でWindwos Subsystem for Linuxを有効にしてください。

GUIの場合
  1. コントールパネルを起動します
  2. Windowsの機能の有効化または無効化を選択します

  3. Windwos Subsystem for Linuxの項目を探して、チェックボックスがOFFの場合は、ONにします

  4. OKを押下します(必要に応じてWindowsの再起動が促されます)
PowerShellの場合
  1. 管理者権限でPowerShellを起動
  2. 現在の状況を確認
PS C:\WINDOWS\system32> Get-WindowsOptionalFeature –Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


FeatureName      : Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
DisplayName      : Windows Subsystem for Linux
Description      : ネイティブなユーザー モードの Linux シェルおよびツールを Windows で実行するためのサービスと環境を提
                   供します。
RestartRequired  : Required
State            : Disabled <=== この値
CustomProperties :
  1. 無効の場合は有効に設定(状況に応じてOSの再起動が促されます。)
PS C:\WINDOWS\system32> Enable-WindowsOptionalFeature –Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
この操作を完了するために、今すぐコンピューターを再起動しますか?
[Y] Yes  [N] No  [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y
  1. 再確認
PS C:\WINDOWS\system32> Get-WindowsOptionalFeature –Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


FeatureName      : Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
DisplayName      : Windows Subsystem for Linux
Description      : ネイティブなユーザー モードの Linux シェルおよびツールを Windows で実行するためのサービスと環境を提
                   供します。
RestartRequired  : Possible
State            : Enabled <=== Enableになっていることを確認
CustomProperties :
コマンドプロンプトの場合(おまけ)
  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
  2. 現在の状況を確認
C:\WINDOWS\system32>dism /online /Get-Features
<中略>
機能名 : Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
状態 : 無効
  1. 無効の場合は有効に設定(状況に応じてOSの再起動が促されます。)
C:\WINDOWS\system32>dism /online /Enable-Feature /FeatureName:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージのバージョン: 10.0.16299.431

機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。
  1. 再度確認
C:\WINDOWS\system32>dism /online /Get-Features
<中略>
機能名 : Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
状態 : 有効

Ubuntuのインストール

マーケットプレイスから「Ubuntu 18.04」を検索し、インストールを実施します

起動

スタートメニューから「Ubuntu 18.04」を選択して、起動します。

ユーザ名/パスワード設定

Installing, this may take a few minutes...
Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: hoge
Enter new UNIX password: fuga (実際は表示されません)
Retype new UNIX password: fuga (実際は表示されません)
passwd: password updated successfully
Installation successful!
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

hoge@MYPCNAME:~$

バージョンとか

$ lsb_release -a
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04 LTS
Release:        18.04
Codename:       bionic

ここまでくれば、基本的には、後は通常のUbuntu 18.04 同等になります

Pythonのバージョン確認

Ubuntu 18.04の場合、Python3は標準でバンドルされていますので、バージョンの確認のみで

$ python3 --version
Python 3.6.5

まとめ

ほぼほぼ、ダウンロードの時間のみでUbuntu18.04 またpython3系の環境がWindowsで手に入りますので気になっている方は、空き時間にいれてみても良いかと思います。

おまけ

コマンドプロンプトからは

> ubuntu1804

実体は
C:\Users\<<ユーザ名>>\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\ubuntu1804.exe

にあるので、VSCodeなどで上記をシェル指定すれば、起動することができます。

参考情報:

Windows 10 Anniversary Updateで導入されたbashでAWS CLIを実行してみる