Galleryにユーザー向けのお知らせページを作りたい時のTips #Alteryx

2020.02.28

Alteryx Serverを使うとWebブラウザベースのGalleryからワークフローの実行ができて便利ですが、複数ユーザーが使用することを考慮すると困ったときにアクセスしてほしいページなどの整備がしたくなりますよね。そんな時に役立つTipsをまとめてみました。

もくじ

 

前提条件

今回の検証に使用した環境は以下の通り。

  • Alteryx Server 2019.4

ご紹介する方法は管理者権限が必須となります。

 

Alteryx Serverでは新規にページを作成可能です。完成イメージは以下の通り。ヘッダーのリンクにアクセスするとお知らせページに遷移します。

ページ作成には管理者アカウントが必要です。ユーザーアイコンより管理者画面に遷移します。

メニューよりPagesを選択し、Add New Pagesをクリックします。

編集画面が開きます。項目に従って内容を入力します。

項目 説明
Title(入力必須) ページのタイトル
Permalink(入力必須) パーマリンク
指定した文字列がURLの末尾に設定されます。http(s):///gallery/#!page/<指定可能な部分>
Excerpt ページの説明
Status(入力必須) Draft:非公開状態
Published:公開状態
Body ページのコンテンツ

Publishedを指定して保存すると公開状態となりますが、このままだとURLを直接指定することでしかページにアクセスできません。そこでヘッダーにリンクを作成しておきましょう。

メニューよりLinksを選択し、Pageのドロップダウンリストより先ほど作成したページのタイトルを選んでAdd New Linksをクリックして追加します。None(external link)を選択すればGallery以外の外部サイトへのリンクも作成可能です。

これでヘッダーからお知らせページへ遷移できるようになりました。

 

トップページの画像にリンクを貼る

Galleryのトップページにリンク付きの画像を作成することもできます。完成イメージは以下の通り。

管理者メニューのMediaを選択し、Banner Ads→Add Newをクリックします。

画像ファイル(サイズ1060×221推奨)をアップロードします。

鉛筆のマークをクリックし、URLを入力します。オプションでテキストの入力も可能です。

バナーは複数作成することもできます。2枚目以降は自動で切り替わりますが、下部に表示される丸ボタンを押すことでも切り替え可能です。

表示させる順番は一覧よりドラッグアンドドロップで調整可能です。

 

まとめ

知っておくと便利なPages、Links、Mediaの機能紹介でした。工夫次第でGalleryをユーザーに優しいページにできそうです。ユーザーはGalleryにサインインせずともこれらのコンテンツにはアクセス可能ですので、お知らせをしたい際などにお役立てください。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。 alteryx_960x400