Alteryx 使用中でエクセルレポートの自動更新とそのレポートのフォーマットを保つ方法

2022.06.14

(Click here for English)

はじめに:

多くのユーザーはデータ準備用に Alteryx を使用し、レポート用にエクセルを使用しています。Alteryx からデータを出力されたたびにレポート目的でエクセルでフォーマットする必要になるとかなり面倒になります。簡単なトリックを使用すればこのフォーマットや再フォーマットの問題を解決することができます。以前はエクセルと連携してパワーポイントチャートを自動更新できるような方法をご紹介いたしました。

レポートのフォーマットを保つ方法:

以下のようなエクセルレポートの一部を見てみましょう。

エクセルレポートにはさまざまの条件付きのフォーマットが存在します。ヘッダーの背景色、テキストの色、フォントや文字のサイズ、配置、好みの色で表示される最大数、このような書式設定ルールがあります。多くの場合はユーザーはこのエクセルファイルを維持するという課題に直面します。基になるデータが Alteryx ワークフローを介して更新されている間にレポートの書式設定を保持するのが大きなチャレンジになります。

この問題を解決するには、エクセルレポートと基になるデータを分離する必要があります。以下に示すように Alteryx ワークフローで更新されたデータがレポートを含む同じエクセルファイル内の別のシートに出力します。

このデータは、対応するセルを参照することでレポートにリンクします。下の画像の式を参照してください。

このトリックを使用することでレポートのフォーマットを期待どおりに維持しながら、Alteryx を介して処理されたデータを簡単に更新することができます。

最後に:

既存のフォーマットを保持しながら、Alteryx を介してエクセルレポートのデータを更新することができます。