Alteryx DesignerのData ConnectionsにあるData sourcesから接続先を選択した場合の動作

2019.09.26

こんにちは。Alteryx勉強中のスズです。

DesignerのData InputツールやOutput Dataツールでは、Data connectionsの画面から接続先を選択できます。Data sourcesではOracleやMySQLといったデータベースだけでなく、Amazon S3やSalesforceなども選択できます。

Oracleなどを選択した場合はInput Data/Output Dataツールで接続先を設定しますが、Amazon S3などを選択した場合は動作が異なります。今回はData sourcesで接続先を選択した場合の動作について、Input DataツールからAmazon S3とSalesforceを選択した場合の動作を代表としてご紹介いたします。

Data ConnectionsでData sourcesで接続先を選択した場合の動作

Amazon S3を選択した場合

Data sourcesでAmazon S3を選択した場合、Input DataツールからAmazon S3 Downloadツールに変更されます。Amazon S3にはAmazon S3 Downloadツールにて接続して使用します。

Input Dataツール:

Amazon S3選択後:

Salesforceを選択した場合

Salesforceを選択した場合もSalesforce Inputツールを呼び出しますが、デフォルトではSalesforce Inputツールはインストールされていません。Salesforce Inputツールは別途Alteryx Galleryからダウンロードが必要なツールになっています。まだインストールしていない状態の場合は、ブラウザが起動し、Alteryx GalleryのSalesforce Inputツールのダウンロード画面が表示されます。

ツールをダウンロードする場合は、画面からRUNをクリックします。

遷移後の画面でもRUNをクリックします。

遷移後の画面にて、Salesforce Input Tool Installと記載されているリンクからツールをダウンロードできます。Designerのバージョンによって利用できるツールのバージョンが異なりますので、バージョンを確認の上、ダウンロードします。

.yxiという拡張子のファイルがダウンロードされます。.yxiファイルをダブルクリックしますとDesignerが起動し、Tool Installerというウィンドウが表示されます。Installをクリックするとツールのインストールが始まります。

ツールをインストールすると、Designerの画面上にツールが追加されます。Salesforce Inputツールの場合はConnectorsのカテゴリに追加されています。

ツールがインストールされている状態で、Input DataツールのData ConnectionsにあるData sourcesからSalesforceをクリックすると、Input DataツールがSalesforce Inputツールに変更されるようになります。

Input Dataツール:

Salesforce選択後:

最後に

今回はData ConnectionsのData sourcesで接続先を選択した場合の動作についてご紹介しました。Input Dataツールでご紹介しましたが、Output DataツールでSalesforceを選択した場合はSalesforce Outputツールを呼び出すというように、Output Dataツールでも同様の動作となります。接続先に対してどのツールを利用できるのか分からない場合には、Input DataツールやOutput Dataツールで接続先を選択する方法で対応できるかと思います。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400